Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

5.2. Service Telemetry Framework でのメトリクスの保持期間

Service Telemetry Framework (STF) に保存されるメトリクスのデフォルトの保持期間は 24 時間となっており、アラート目的で傾向を把握するのに十分なデータが提供されます。

長期ストレージの場合は、Thanos など、長期のデータ保持用に設計されたシステムを使用します。

追加リソース

5.2.1. Service Telemetry Framework でのメトリクスの保持期間の編集

追加のメトリクスの保持時間に対応するために、Service Telemetry Framework (STF)を調整できます。

手順

  1. Red Hat OpenShift Container Platform にログインします。
  2. service-telemetry namespace に切り替えます。

    $ oc project service-telemetry
  3. ServiceTelemetry オブジェクトを編集します。

    $ oc edit stf default
  4. retention: 7d を backends.metrics.prometheus.storage の storage セクションに追加し、保持期間を 7 日間増やします。

    注記

    保持期間を長く設定すると、設定された Prometheus システムからデータを取得すると、クエリーで結果の速度が遅くなる可能性があります。

    apiVersion: infra.watch/v1beta1
    kind: ServiceTelemetry
    metadata:
      name: stf-default
      namespace: service-telemetry
    spec:
      ...
      backends:
        metrics:
          prometheus:
            enabled: true
            storage:
              strategy: persistent
              retention: 7d
        ...
  5. 変更を保存して、オブジェクトを閉じます。

追加リソース