Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

5.6. 一時ストレージ

一時ストレージを使用して、Red Hat OpenShift Container Platform クラスターにデータを永続的に保存せずに Service Telemetry Framework (STF) を実行できます。

警告

一時ストレージを使用する場合は、Pod の再起動、更新、別のノードでの再スケジュールが発生した場合に、データが損失する可能性があります。一時ストレージは、開発またはテスト環境にのみ使用してください。

5.6.1. 一時ストレージの設定

一時ストレージ用に STF コンポーネントを設定するには、対応するパラメーターに ...storage.strategy: ephemeral を追加します。たとえば、Prometheus バックエンドの一時ストレージを有効にするには、backends.metrics.prometheus.storage.strategy: ephemeral を設定します。一時ストレージの設定をサポートするコンポーネントには、alerting.alertmanagerbackends.metrics.prometheus、および backends.events.elasticsearch が含まれます。インストール時に一時ストレージ設定を追加できます。STF をデプロイ済みの場合には、以下の手順を実行します。

手順

  1. Red Hat OpenShift Container Platform にログインします。
  2. service-telemetry namespace に切り替えます。

    $ oc project service-telemetry
  3. ServiceTelemetry オブジェクトを編集します。

    $ oc edit stf default
  4. ...storage.strategy: ephemeral パラメーターを関連コンポーネントの spec セクションに追加します。

    apiVersion: infra.watch/v1beta1
    kind: ServiceTelemetry
    metadata:
      name: stf-default
      namespace: service-telemetry
    spec:
      alerting:
        enabled: true
        alertmanager:
          storage:
            strategy: ephemeral
      backends:
        metrics:
          prometheus:
            enabled: true
            storage:
              strategy: ephemeral
        events:
          elasticsearch:
            enabled: true
            storage:
              strategy: ephemeral
  5. 変更を保存して、オブジェクトを閉じます。