Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

4.3. 標準以外のネットワークトポロジーへのデプロイ

ノードがデフォルトの InternalApi ネットワークとは別のネットワーク上にある場合は、AMQ Interconnect がデータを Service Telemetry Framework (STF) サーバーインスタンスに転送できるように、設定の調整を行う必要があります。以下のシナリオは、スパイン/リーフ型または DCN トポロジーでは標準的なものです。DCN の設定の詳細は、『スパイン/リーフ型ネットワーク』を参照してください。

Red Hat OpenStack Platform({OpenStackShort})16.1 と STF を使用し、Ceph、ブロック、またはオブジェクトストレージノードを監視する予定の場合には、スパイン/リーフ型および DCN ネットワーク設定に加える設定変更と同様の設定変更を行う必要があります。Ceph ノードを監視するには、CephStorageExtraConfig パラメーターを使用して、AMQ Interconnect および collectd 設定ファイルに読み込むネットワークインターフェースを定義します。

CephStorageExtraConfig:
  tripleo::profile::base::metrics::collectd::amqp_host: "%{hiera('storage')}"
  tripleo::profile::base::metrics::qdr::listener_addr: "%{hiera('storage')}"
  tripleo::profile::base::ceilometer::agent::notification::notifier_host_addr: "%{hiera('storage')}"

同様に、環境が Block および Object Storage ロールを使用する場合は、BlockStorageExtraConfig および ObjectStorageExtraConfig パラメーターを指定する必要があります。

スパイン/リーフ型トポロジーをデプロイするには、ロールとネットワークを作成し、それらのネットワークを利用可能なロールに割り当てる必要があります。{OpenstackShort} デプロイメントで STF のデータ収集およびトランスポートを設定する場合には、ロールのデフォルトのネットワークは InternalApi になります。Ceph、ブロックおよびオブジェクトストレージロールの場合には、デフォルトのネットワークは Storage です。スパイン/リーフ型構成により、異なるネットワークが異なるリーフグループに割り当てられ、その名前は通常一意となるので、{OpenStackShort} 環境ファイルの parameter_defaults セクションで追加の設定が必要になります。

手順

  1. それぞれのリーフロールで利用可能なネットワークネットワーク名の定義例は、『Spine Leaf Networking』の「ネットワークデータファイルの作成」を参照してください。Leaf Group (ロール) の作成と、これらのグループへのネットワークの割り当ての詳細は、『Spine Leaf Networking』の「Creating a roles data file」を参照してください。
  2. 各リーフロールの ExtraConfig セクションに以下の設定例を追加します。以下の例では、internal_api_subnet はネットワーク定義の name_lower パラメーターで定義した値 (Leaf 0 の名前に _subnet が追加されている) で、ComputeLeaf0 leaf ロールの接続先のネットワークです。この場合、ネットワーク ID 0 のネットワーク ID はリーフ 0 の Compute ロールに対応し、デフォルトの内部 API ネットワーク名とは異なる値を表します。

    ComputeLeaf0 leaf ロールには、hiera ルックアップを実行して collectd AMQP ホストパラメーターに割り当てるネットワークインターフェースを決定するために、追加の設定を指定します。AMQ Interconnect リスナーアドレスパラメーターで同じ設定を実行します。

    ComputeLeaf0ExtraConfig:
      tripleo::profile::base::metrics::collectd::amqp_host: "%{hiera('internal_api_subnet')}"
      tripleo::profile::base::metrics::qdr::listener_addr: "%{hiera('internal_api_subnet')}"

    通常、追加のリーフロールは、_subnet_leafN に置き換えます。N は、リーフの一意識別子です。

    ComputeLeaf1ExtraConfig:
      tripleo::profile::base::metrics::collectd::amqp_host: "%{hiera('internal_api_leaf1')}"
      tripleo::profile::base::metrics::qdr::listener_addr: "%{hiera('internal_api_leaf1')}"

    以下の構成例は、CephStorage リーフロール上にあります。

    CephStorageLeaf0ExtraConfig:
      tripleo::profile::base::metrics::collectd::amqp_host: "%{hiera('storage_subnet')}"
      tripleo::profile::base::metrics::qdr::listener_addr: "%{hiera('storage_subnet')}"