Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

4.4.2. Smart Gateway のデプロイ

各クラウドのデータ収集タイプごとに (collectd メトリクスに 1 つ、collectd イベントに 1 つ、Ceilometer メトリクスに 1 つ、Ceilometer イベントに 1 つ、collectd-sensubility メトリクスに 1 つ) Smart Gateway をデプロイする必要があります。対応するクラウドに定義する AMQP アドレスをリッスンするように、各 Smart Gateway を設定します。Smart Gateway を定義するには、ServiceTelemetry マニフェストに clouds パラメーターを設定します。

STF の初回デプロイ時に、単一クラウドの初期 Smart Gateway を定義する Smart Gateway マニフェストが作成されます。複数のクラウドサポートに Smart Gateway をデプロイする場合には、メトリクスおよび各クラウドのイベントデータを処理するデータ収集タイプごとに、複数の Smart Gateway をデプロイします。最初の Smart Gateway は、以下のサブスクリプションアドレスを使用して cloud1 で定義されます。

collector

type

デフォルトのサブスクリプションアドレス

collectd

metrics

collectd/telemetry

collectd

events

collectd/notify

collectd-sensubility

metrics

sensubility/telemetry

Ceilometer

metrics

anycast/ceilometer/metering.sample

Ceilometer

events

anycast/ceilometer/event.sample

要件

  • クラウド命名スキームを決定している。命名スキームの決定の詳細は、「AMQP アドレス接頭辞の計画」 を参照してください。
  • クラウドオブジェクトの一覧を作成している。clouds パラメーターのコンテンツ作成の詳細は、「clouds パラメーター」 を参照してください。

手順

  1. Red Hat OpenShift Container Platform にログインします。
  2. service-telemetry namespace に切り替えます。

    $ oc project service-telemetry
  3. default の ServiceTelemetry オブジェクトを編集し、設定で clouds パラメーターを追加します。

    警告

    クラウド名が長くなると、Pod 名の最大長 63 文字を超える可能性があります。ServiceTelemetry 名の defaultclouds.name の組み合わせが 19 文字を超えないようにしてください。クラウド名には、- などの特殊文字を含めることはできません。クラウド名を英数字(a-z、0-9)に制限します。

    トピックアドレスには文字の制限がなく、clouds.name の値とは異なる場合があります。

    $ oc edit stf default
    apiVersion: infra.watch/v1beta1
    kind: ServiceTelemetry
    metadata:
      ...
    spec:
      ...
      clouds:
      - name: cloud1
        events:
          collectors:
          - collectorType: collectd
            subscriptionAddress: collectd/cloud1-notify
          - collectorType: ceilometer
            subscriptionAddress: anycast/ceilometer/cloud1-event.sample
        metrics:
          collectors:
          - collectorType: collectd
            subscriptionAddress: collectd/cloud1-telemetry
          - collectorType: sensubility
            subscriptionAddress: sensubility/cloud1-telemetry
          - collectorType: ceilometer
            subscriptionAddress: anycast/ceilometer/cloud1-metering.sample
      - name: cloud2
        events:
          ...
  4. ServiceTelemetry オブジェクトを保存します。
  5. 各 Smart Gateway が実行されていることを確認します。Smart Gateway の数によっては、数分かかることがあります。

    $ oc get po -l app=smart-gateway
    NAME                                                      READY   STATUS    RESTARTS   AGE
    default-cloud1-ceil-event-smartgateway-6cfb65478c-g5q82   2/2     Running   0          13h
    default-cloud1-ceil-meter-smartgateway-58f885c76d-xmxwn   2/2     Running   0          13h
    default-cloud1-coll-event-smartgateway-58fbbd4485-rl9bd   2/2     Running   0          13h
    default-cloud1-coll-meter-smartgateway-7c6fc495c4-jn728   2/2     Running   0          13h
    
    
    default-cloud1-sens-meter-smartgateway-8h4tc445a2-mm683   2/2     Running   0          13h