Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

4.4.5. 複数クラウドの Red Hat OpenStack Platform 環境ファイルの作成

元のクラウドに従ってトラフィックにラベルを付けるには、クラウド固有のインスタンス名で設定を作成する必要があります。stf-connectors.yaml ファイルを作成し、CeilometerQdrEventsConfigCeilometerQdrMetricsConfig、および CollectdAmqpInstances の値を調整して AMQP アドレスのプレフィックススキームと一致するようにします。

注記

コンテナーのヘルスおよび API ステータスのモニタリングを有効にしている場合は、CollectdSensubilityResultsChannel パラメーターも変更する必要があります。詳細については、「Red Hat OpenStack Platform API のステータスおよびコンテナー化されたサービスの健全性」を参照してください。

要件

手順

  1. Red Hat OpenStack Platform アンダークラウドに stack ユーザーとしてログオンします。
  2. /home/stack ディレクトリーに stf-connectors.yaml という設定ファイルを作成します。
  3. stf-connectors.yaml ファイルで、オーバークラウドデプロイメント上の AMQ Interconnect をに接続するように MetricsQdrConnectors アドレスを設定します。CeilometerQdrEventsConfigCeilometerQdrMetricsConfigCollectdAmqpInstances、および CollectdSensubilityResultsChannel トピックの値を、このクラウドデプロイメントに必要な AMQP アドレスに一致するように設定します。

    stf-connectors.yaml

    resource_registry:
      OS::TripleO::Services::Collectd: /usr/share/openstack-tripleo-heat-templates/deployment/metrics/collectd-container-puppet.yaml    1
    
    parameter_defaults:
        MetricsQdrConnectors:
            - host: stf-default-interconnect-5671-service-telemetry.apps.infra.watch   2
              port: 443
              role: edge
              verifyHostname: false
              sslProfile: sslProfile
    
        MetricsQdrSSLProfiles:
            - name: sslProfile
    
        CeilometerQdrEventsConfig:
            driver: amqp
            topic: cloud1-event   3
    
        CeilometerQdrMetricsConfig:
            driver: amqp
            topic: cloud1-metering   4
    
        CollectdAmqpInstances:
            cloud1-notify:        5
                notify: true
                format: JSON
                presettle: false
            cloud1-telemetry:     6
                format: JSON
                presettle: false
    
        CollectdSensubilityResultsChannel: sensubility/cloud1-telemetry 7

    1
    複数のクラウドデプロイメント向けの collectd-write-qdr.yaml 環境ファイルが追加されていないので、collectd サービスを直接読み込みます。
    2
    host パラメーターは、「AMQ Interconnect ルートアドレスの取得」 で取得した HOST/PORT の値に置き換えます。
    3
    Ceilometer イベントのトピックを定義します。この値は、anycast/ceilometer/cloud1-event.sample のアドレス形式です。
    4
    Ceilometer メトリクスのトピックを定義します。この値は、anycast/ceilometer/cloud1-metering.sample のアドレス形式です。
    5
    collectd イベントのトピックを定義します。この値は、collectd/cloud1-notify の形式になります。
    6
    collectd メトリクスのトピックを定義します。この値は、collectd/cloud1-telemetry の形式になります。
    7
    collectd-sensubility イベントのトピックを定義します。この値は、正確な文字列形式 (sensubility/cloud1-telemetry) であることを確認します。
  4. stf-connectors.yaml ファイルの命名規則が、Smart Gateway 設定の spec.bridge.amqpUrl フィールドと一致していることを確認します。たとえば、CeilometerQdrEventsConfig.topic フィールドを cloud1-event の値に設定します。
  5. source コマンドで認証ファイルを読み込みます。

    [stack@undercloud-0 ~]$ source stackrc
    
    (undercloud) [stack@undercloud-0 ~]$
  6. 実際の環境に該当するその他の環境ファイルと共に、openstack overcloud deployment コマンドに stf-connectors.yaml ファイルおよび一意のドメイン名環境ファイル hostnames.yaml を追加します。

    警告

    カスタム CollectdAmqpInstances パラメーターで collectd-write-qdr.yaml ファイルを使用する場合、データはカスタムおよびデフォルトのトピックに公開されます。複数のクラウド環境では、stf-connectors.yaml ファイルの resource_registry パラメーターの設定では collectd サービスを読み込みます。

    (undercloud) [stack@undercloud-0 ~]$ openstack overcloud deploy <other_arguments>
    --templates /usr/share/openstack-tripleo-heat-templates \
      --environment-file <...other_environment_files...> \
      --environment-file /usr/share/openstack-tripleo-heat-templates/environments/metrics/ceilometer-write-qdr.yaml \
      --environment-file /usr/share/openstack-tripleo-heat-templates/environments/metrics/qdr-edge-only.yaml \
      --environment-file /home/stack/hostnames.yaml \
      --environment-file /home/stack/enable-stf.yaml \
      --environment-file /home/stack/stf-connectors.yaml
  7. Red Hat OpenStack Platform オーバークラウドをデプロイします。

追加リソース