Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

4.4. 複数クラウドの設定

Service Telemetry Framework (STF) の単一インスタンスをターゲットにするように複数の Red Hat OpenStack Platform ({OpenStackShort}) クラウドを設定できます。複数のクラウドを設定する場合に、クラウドはすべて独自で一意のメッセージバストピックでメトリクスおよびイベントを送信する必要があります。STF デプロイメントでは、Smart Gateway インスタンスは、これらのトピックをリッスンして、共通のデータストアに情報を保存します。データストレージドメインの Smart Gateway によって保存されるデータは、各 Smart Gateway が作成するメタデータを使用してフィルターされます。

図4.1 2 つの {OpenStackShort} クラウドが STF に接続する

STF に接続する 2 つの {OpenStackShort} クラウドの例

複数のクラウドシナリオ用に {OpenStackShort} オーバークラウドを設定するには、以下のタスクを実行します。

  1. 各クラウドに使用する AMQP アドレス接頭辞を計画します。詳細は、「AMQP アドレス接頭辞の計画」 を参照してください。
  2. 各クラウドが対応するアドレスの接頭辞をリッスンできるようにメトリクスおよびイベントコンシューマーの Smart Gateway をデプロイします。詳細は、「Smart Gateway のデプロイ」 を参照してください。
  3. 各クラウドに一意のドメイン名を設定します。詳細は、「一意のクラウドドメインの設定」 を参照してください。
  4. STF のベース設定を作成します。詳細は、「STF のベース設定の作成」 を参照してください。
  5. メトリクスとイベントを正しいアドレスの STF に送信するように各クラウドを設定します。詳細は、「複数クラウドの Red Hat OpenStack Platform 環境ファイルの作成」 を参照してください。

4.4.1. AMQP アドレス接頭辞の計画

デフォルトでは、Red Hat OpenStack Platform ({OpenStackShort}) ノードは、collectd および Ceilometer の 2 つのデータコレクターを使用してデータを受信します。collectd-sensubility プラグインには一意のアドレスが必要です。これらのコンポーネントは、Telemetry データまたは通知をそれぞれの AMQP アドレス (例: collectd/telemetry) に送信します。STF Smart Gateway は、データのこれらの AMQP アドレスでリッスンします。複数のクラウドをサポートし、監視データを生成するクラウドを特定するには、各クラウドがデータを一意のアドレスに送信するように設定します。クラウド識別子の接頭辞をアドレスの 2 番目の部分に追加します。以下の一覧では、アドレスおよび識別子の例を紹介します。

  • collectd/cloud1-telemetry
  • collectd/cloud1-notify
  • sensubility/cloud1-telemetry
  • anycast/ceilometer/cloud1-metering.sample
  • anycast/ceilometer/cloud1-event.sample
  • collectd/cloud2-telemetry
  • collectd/cloud2-notify
  • sensubility/cloud2-telemetry
  • anycast/ceilometer/cloud2-metering.sample
  • anycast/ceilometer/cloud2-event.sample
  • collectd/us-east-1-telemetry
  • collectd/us-west-3-telemetry