Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

第2章 Service Telemetry Framework 向けの Red Hat OpenShift Container Platform 環境の準備

Service Telemetry Framework (STF) 用に Red Hat OpenShift Container Platform 環境を準備するには、永続ストレージ、適切なリソース、およびイベントストレージについて計画する必要があります。

  • 実稼働環境レベルのデプロイメントができるように、永続ストレージが Red Hat OpenShift Container Platform クラスターで利用できるようにしてください。詳細は、「永続ボリューム」 を参照してください。
  • Operator およびアプリケーションコンテナーを実行するために十分なリソースが利用可能であることを確認します。詳細は、「リソースの割り当て」 を参照してください。

2.1. 永続ボリューム

Service Telemetry Framework(STF)は Red Hat OpenShift Container Platform の永続ストレージを使用して永続ボリュームを要求し、Prometheus および ElasticSearch がメトリクスおよびイベントを格納できるようにします。

永続ストレージが Service Telemetry Operator で有効な場合には、STF デプロイメントで要求される Persistent Volume Claim (永続ボリューム要求、PVC) のアクセスモードは RWO (ReadWriteOnce) になります。お使いの環境に事前にプロビジョニングされた永続ボリュームが含まれている場合は、Red Hat OpenShift Container Platform でデフォルト設定されている storageClass で RWO のボリュームが利用できるようにしてください。

追加リソース

2.1.1. 一時ストレージ

一時ストレージを使用して、Red Hat OpenShift Container Platform クラスターにデータを永続的に保存せずに Service Telemetry Framework (STF) を実行できます。

警告

一時ストレージを使用する場合は、Pod の再起動、更新、別のノードでの再スケジュールが発生した場合に、データが損失する可能性があります。一時ストレージは、開発またはテスト環境にのみ使用してください。