Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

第3章 Service Telemetry Framework のコアコンポーネントのインストール

Operator を使用して Service Telemetry Framework (STF)コンポーネントおよびオブジェクトを読み込むことができます。Operator は以下の STF コアおよびコミュニティーコンポーネントのそれぞれを管理します。

  • AMQ Interconnect
  • Smart Gateway
  • Prometheus および AlertManager
  • ElasticSearch
  • Grafana

要件

  • 4.6 かた 4.7 までが含まれる Red Hat OpenShift Container Platform バージョンが実行中である。
  • Red Hat OpenShift Container Platform 環境を準備し、永続ストレージがあり、Red Hat OpenShift Container Platform 環境の上部で STF コンポーネントを実行するのに十分なリソースがあることを確認している。詳細は、Service Telemetry Framework Performance and Scalingを参照してください。
重要

STF は、4.6 から 4.7 までの Red Hat OpenShift Container Platform バージョンと互換性があります。

追加リソース

3.1. Service Telemetry Framework の Red Hat OpenShift Container Platform 環境へのデプロイ

Service Telemetry Framework (STF)をデプロイして、イベントを収集し、保存し、監視します。

手順

  1. STF コンポーネントが含まれる namespace を作成します(例: service-telemetry)。

    $ oc new-project service-telemetry
  2. Operator Pod をスケジュールできるように、namespace に OperatorGroup を作成します。

    $ oc create -f - <<EOF
    apiVersion: operators.coreos.com/v1
    kind: OperatorGroup
    metadata:
      name: service-telemetry-operator-group
      namespace: service-telemetry
    spec:
      targetNamespaces:
      - service-telemetry
    EOF

    詳細は、「OperatorGroups」を参照してください。

  3. OperatorHub.io Community Catalog Source を有効にし、データストレージおよび可視化 Operator をインストールします。

    注記

    Red Hat は、AMQ Interconnect、AMQ Certificate Manager、Service Telemetry Operator、および Smart Gateway Operator を含むコア Operator およびワークロードをサポートします。

    $ oc create -f - <<EOF
    apiVersion: operators.coreos.com/v1alpha1
    kind: CatalogSource
    metadata:
      name: operatorhubio-operators
      namespace: openshift-marketplace
    spec:
      sourceType: grpc
      image: quay.io/operatorhubio/catalog:latest
      displayName: OperatorHub.io Operators
      publisher: OperatorHub.io
    EOF
  4. redhat-operators CatalogSource を使用して AMQ Certificate Manager Operator にサブスクライブします。

    注記

    AMQ Certificate Manager は openshift-operators namespace にデプロイしてから、クラスター全体のすべての namespace で利用可能になります。その結果、namespace が多数あるクラスターでは、Operator が service-telemetry namespace で利用可能になるまでに数分の時間がかかる場合があります。他の namespace スコープの Operator と使用する場合には、AMQ Certificate Manager Operator は Operator Lifecycle Manager の依存関係管理と互換性がありません。

    $ oc create -f - <<EOF
    apiVersion: operators.coreos.com/v1alpha1
    kind: Subscription
    metadata:
      name: amq7-cert-manager-operator
      namespace: openshift-operators
    spec:
      channel: 1.x
      installPlanApproval: Automatic
      name: amq7-cert-manager-operator
      source: redhat-operators
      sourceNamespace: openshift-marketplace
    EOF
  5. ClusterServiceVersion を検証します。amq7-cert-manager.v1.0.1 にフェーズ Succeeded があることを確認します。

    $ oc get --namespace openshift-operators csv
    
    NAME                       DISPLAY                                         VERSION   REPLACES   PHASE
    amq7-cert-manager.v1.0.1   Red Hat Integration - AMQ Certificate Manager   1.0.1                Succeeded
  6. イベントを ElasticSearch に保存する予定の場合は、Elastic Cloud on Kubernetes (ECK) Operator を有効にする必要があります。ECK Operator を有効にするには、Red Hat OpenShift Container Platform 環境で以下のマニフェストを作成します。

    $ oc create -f - <<EOF
    apiVersion: operators.coreos.com/v1alpha1
    kind: Subscription
    metadata:
      name: elasticsearch-eck-operator-certified
      namespace: service-telemetry
    spec:
      channel: stable
      installPlanApproval: Automatic
      name: elasticsearch-eck-operator-certified
      source: certified-operators
      sourceNamespace: openshift-marketplace
    EOF
  7. Kubernetes Succeeded で ElasticSearch Cloud の ClusterServiceVersion を確認します。

    $ oc get csv
    
    NAME                                          DISPLAY                        VERSION   REPLACES                                     PHASE
    ...
    elasticsearch-eck-operator-certified.v1.7.1   Elasticsearch (ECK) Operator   1.7.1     elasticsearch-eck-operator-certified.v1.6.0  Succeeded
    ...
  8. Service Telemetry Operator サブスクリプションを作成し、STF インスタンスを管理します。

    $ oc create -f - <<EOF
    apiVersion: operators.coreos.com/v1alpha1
    kind: Subscription
    metadata:
      name: service-telemetry-operator
      namespace: service-telemetry
    spec:
      channel: stable-1.3
      installPlanApproval: Automatic
      name: service-telemetry-operator
      source: redhat-operators
      sourceNamespace: openshift-marketplace
    EOF
  9. Service Telemetry Operator および依存する Operator を検証します。

    $ oc get csv --namespace service-telemetry
    
    amq7-cert-manager.v1.0.1                      Red Hat Integration - AMQ Certificate Manager   1.0.1                                                          Succeeded
    amq7-interconnect-operator.v1.10.1            Red Hat Integration - AMQ Interconnect          1.10.1           amq7-interconnect-operator.v1.2.4             Succeeded
    elasticsearch-eck-operator-certified.v1.8.0   Elasticsearch (ECK) Operator                    1.8.0            elasticsearch-eck-operator-certified.v1.7.1   Succeeded
    prometheusoperator.0.47.0                     Prometheus Operator                             0.47.0           prometheusoperator.0.37.0                     Succeeded
    service-telemetry-operator.v1.3.1632925572    Service Telemetry Operator                      1.3.1632925572                                                 Succeeded
    smart-gateway-operator.v3.0.1632925565        Smart Gateway Operator                          3.0.1632925565                                                 Succeeded