Menu Close

15.10. セキュリティーグループ

OpenStack は、特定のプロジェクトのインスタンスに厚い防御を追加するために、ホストとネットワークの両方にセキュリティーグループを提供します。これらは、ポート、プロトコル、およびアドレスに基づいて着信トラフィックを許可または拒否するため、ホストベースのファイアウォールと似ています。ただし、ホストベースのファイアウォールルールは、着信トラフィックと送信トラフィックの両方に適用できますが、セキュリティーグループルールは、着信トラフィックにのみ適用されます。ホストおよびネットワークセキュリティーグループルールが競合して、正当なトラフィックを拒否することもあります。使用されているネットワークに対して、セキュリティーグループが正しく設定されていることを確認することを検討してください。詳細は、本ガイドの「セキュリティーグループ」を参照してください。

注記

特に無効にする必要がある場合を除き、セキュリティーグループおよびポートセキュリティーを有効なままにしておくべきです。厚い防御のアプローチを構築するには、インスタンスに細かな粒度のルールを適用することが推奨されます。