Menu Close

17.7. ネットワークポリシー

API エンドポイントは通常複数のセキュリティーゾーンにまたがるので、API プロセスの分離に特に注意を払う必要があります。たとえば、ネットワーク設計レベルでは、指定したシステムにのみアクセスを限定することを検討してください。詳細は、セキュリティゾーンに関するガイダンスを参照してください。

慎重にモデル化することで、ネットワーク ACL および IDS テクノロジーを使用して、ネットワークサービス間の明示的なポイントツーポイント通信を適用することができます。重要なクロスドメインサービスとして、このタイプの明示的な適用が OpenStack のメッセージキューサービスで機能します。

ポリシーを適用するには、サービス、ホストベースのファイアウォール (iptables など)、ローカルポリシー (SELinux)、およびオプションでグローバルネットワークポリシーを設定できます。