Menu Close

14.9. キー管理

プロジェクトデータのプライバシーに関する頻出する懸念に対処するために、OpenStack コミュニティーでは、データの暗号化をより広範囲で行うことに大きな関心が寄せられています。クラウドに保存する前にエンドユーザーがデータを暗号化するのは比較的簡単です。メディアファイルやデータベースアーカイブなどのプロジェクトオブジェクトに関して、実行可能なパスがあります。一部では、クライアント側の暗号化は、今後の使用のためにデータを復号化するために、鍵の提示などのクライアントの連携を必要とする仮想化技術で保持されるデータの暗号化に使用されます。

barbican を使用すると、プロジェクトがデータをシームレスに暗号化し、キー管理でユーザーに負担をかけることなくデータにアクセスすることができます。OpenStack の一部として暗号化およびキー管理サービスを提供することにより、保管データのセキュリティー確保の採用が促進され、データのプライバシーや誤用に関するお客様の懸念に対処するのに役立ちます。

ボリューム暗号化機能は、Key Manager サービス (バービカン) などのキー管理サービスを使用しており、キーの作成とセキュリティー保護された保存を行います。