Menu Close

4.2. 無効なログイン試行

Identity サービス (keystone) は、ログイン試行に繰り返し失敗すると、アカウントへのアクセスを制限できます。ログイン試行の失敗のパターンは、一般的にブルートフォース攻撃の指標です。このタイプの攻撃は、パブリッククラウドのデプロイメントでさらに複雑になります。また、ログイン試行回数が失敗した後にアカウントをブロックする外部認証システムを使用して、これを軽減することもできます。その後、アカウントは他の管理者の介入でのみロックを解除できます。

検出技術を使用して、破損を軽減することもできます。検出では、アクセス制御ログの頻繁にレビューが行われ、承認されていないアカウントへのアクセス試行を特定します。修復には、ユーザーのパスワードの強度の確認やファイアウォールルールによる攻撃のネットワークソースのブロックなどが含まれます。接続の数を制限する keystone サーバーにファイアウォールルールを追加することができます。これにより、攻撃の効果を減らすことができます。

さらに、ログイン時間や疑わしいアクションについてアカウントアクティビティーを調べたり、アカウントを無効にするなどの修正措置を取ると役に立ちます。