Menu Close

7.5. コンピュートデプロイメントのハード化

OpenStack のデプロイメントに関する主なセキュリティー上の問題点の 1 つは、/var/lib/config-data/puppet-generated/nova_libvirt/etc/nova/nova.conf ファイルなどの機密ファイルのセキュリティー制御です。この設定ファイルには、設定の詳細やサービスパスワードなど、多くの機密オプションが含まれています。このような機密ファイルはすべて厳密にファイルレベルのパーミッションが付与され、AIDE などのファイル整合性監視(FIM)ツールの変更の有無を監視します。これらのユーティリティーは、既知の正常な状態のターゲットファイルのハッシュを取得して、ファイルの新しいハッシュを定期的に取得し、これを既知の適切なハッシュと比較します。アラートは、予期せずに変更された場合に作成できます。

ファイルのパーミッションは、ls -lh コマンドに含まれているディレクトリーに移動して実行します。これにより、ファイルへのアクセスがあるパーミッション、所有者、およびグループ、ファイルの最終変更日時などのその他の情報が表示されます。

/var/lib/nova ディレクトリーには、指定したコンピュートノード上のインスタンスに関する情報を保持します。このディレクトリーは、厳密にファイルパーミッションを適用して、高感度として考慮する必要があります。また、そのホストに関連付けられたインスタンスの情報やメタデータが含まれるため、定期的にバックアップする必要があります。

デプロイメントで完全な仮想マシンのバックアップが必要ない場合は、/var/lib/nova/instances ディレクトリーを除外して、そのノード上で実行される各インスタンスの結合領域として大きな値になることに留意してください。デプロイメントで完全な仮想マシンのバックアップが必要な場合は、このディレクトリーが正常にバックアップされることを確認する必要があります。

注記

Block Storage (cinder) ボリュームに使用されているストレージサブシステム (Ceph) に保存されているデータも、高感度として考慮する必要があります。これは、ネットワークまたは論理アクセスでネットワークまたは論理アクセスにより、OpenStack コントロールをバイパスする可能性がある場合は、ストレージサブシステムから完全な仮想マシンイメージを取得できるためです。