Menu Close

13.2. 監視するイベントの例

イベントの監視は、環境を保護し、リアルタイムの検出および応答を提供するより予防的な手段です。監視に役立つツールが複数存在します。OpenStack のデプロイメントでは、ハードウェア、OpenStack サービス、およびクラウドリソースの使用状況をモニターする必要があります。

本セクションでは、認識する必要のあるイベントの例について説明します。

重要

このリストがすべてを網羅している訳ではありません。実際のネットワークに適用される可能性のある追加のユースケースを考慮する必要があります。また、異常な動作を考慮する必要があります。

  • ログが生成されないことを検出するのは、価値の高いイベントです。このようなギャップは、サービス障害や、攻撃を隠すために侵入者が一時的にログを停止したり、ログレベルを変更したりしたことを示す場合があります。
  • スケジュールされていないイベントの開始や停止などのアプリケーションイベントは、セキュリティーと何らかの関係がある可能性があります。
  • ユーザーのログインや再起動などの OpenStack ノードでのオペレーティングシステムイベントこれにより、システムの適切な使用方法と不適切な使用方法を区別するための、貴重な洞察が得られます。
  • ネットワークブリッジがダウンする。これは、サービスが停止するリスクがあるため、対処を要するイベントです。
  • コンピュートノードでの IPtable のフラッシュイベント、およびそれに伴うインスタンスへのアクセス不能

Identity サービス内のユーザー、プロジェクト、またはドメインの削除により使用されなくなったインスタンスからのセキュリティーリスクを軽減するには、システム内で通知を生成し、OpenStack コンポーネントに適切にこれらのイベントに応答させます (例: インスタンスの切断、攻撃を受けたボリュームの接続解除、CPU およびストレージリソースの再確保など)。

侵入検知ソフトウェア、ウイルス対策ソフトウェア、およびスウェアウェアの検出や削除ユーティリティーなどのセキュリティー監視は、攻撃または侵入がいつどのように発生したかを示すログを生成することができます。これらのツールは、OpenStack ノードにデプロイすると、保護のレイヤーを提供します。プロジェクトユーザーも、このようなツールをインスタンスで実行する必要があります。