Menu Close

17.2. Identity サービスカタログでの内部 URL の設定

Identity サービスカタログは内部 URL を認識している必要があります。この機能はデフォルトでは使用されていませんが、設定を介して利用できます。さらに、この動作がデフォルトになると、予想される変更と前方互換性があるはずです。

異なるアクセスレベルがある場合に、設定したエンドポイントをネットワークレベルから分離することを検討します。管理エンドポイントは、クラウド管理者によるアクセスを目的としています。内部またはパブリックエンドポイントでは利用できない keystone 操作へのアクセスを昇格できるためです。内部エンドポイントは、クラウド内部 (例: OpenStack サービス) の使用を目的としており、通常はデプロイメントネットワーク外からはアクセスできません。パブリックエンドポイントは TLS 対応の必要があり、クラウドユーザーが操作するデプロイメント外からアクセスできる唯一の API エンドポイントです。

エンドポイントの内部 URL の登録は、director により自動化されます。詳細は、https://github.com/openstack/tripleo-heat-templates/blob/a7857d6dfcc875eb2bc611dd9334104c18fe8ac6/network/endpoints/build_endpoint_map.py を参照してください。