Menu Close

17.9. API エンドポイントのレート制限

レート制限は、ネットワークベースのアプリケーションによって受信されるイベントの頻度を制御する手段です。堅牢なレート制限が存在しない場合、アプリケーションはさまざまなサービス拒否攻撃を受けやすくなる場合があります。これは特に、その性質上、同様の要求タイプや操作を高い頻度で受け入れるように設計されている API が該当します。

すべてのエンドポイント (特にパブリック) には、物理ネットワーク設計、レート制限プロキシー、または Web アプリケーションのファイアウォールを使用するなど、追加の保護レイヤーを設定することが推奨されます。

レート制限機能を設定して実装する際に、運用者は OpenStack クラウド内のユーザーとサービスの個々のパフォーマンスニーズについて慎重に計画して考慮することが重要です。

注記: Red Hat OpenStack Platform デプロイメントの場合、全サービスは負荷分散プロキシーの背後に置かれます。