Menu Close

12.11. その他の項目

すべてのノードの /var/lib/config-data/puppet-generated/swift/etc/swift/swift.conf に、swift_hash_path_prefix 設定および swift_hash_path_suffix 設定があります。これらは、保存されるオブジェクトのハッシュ競合の可能性を低減し、あるユーザーが別のユーザーのデータを上書きするのを防ぐために提供されます。

この値は、最初に暗号的に安全な乱数ジェネレーターで設定し、すべてのノードで一貫性を持たせる必要があります。適切な ACL で保護し、データの喪失を回避するために、バックアップコピーを作成するようにします。