Menu Close

7.8.6. VLAN

VLAN は、特定の VLAN ID (VID) フィールド値を持つ IEEE 802.1Q ヘッダーが含まれる特定の物理ネットワーク上のパケットとして認識されます。同じ物理ネットワークを共有する VLAN ネットワークは、L2 で相互に分離され、IP アドレス空間が重複している可能性もあります。VLAN ネットワークをサポートする各物理ネットワークは、別個の VLAN トランク k として扱われ、異なる領域の VID 値を持ちます。有効な VID の値は 1 から 4094 までです。

VLAN 設定は、OpenStack の設計要件によって異なります。OpenStack Networking が VLAN をより効率的に使用できるようにするには、VLAN 範囲 (各プロジェクトの 1 つ) を割り当てて、各コンピュートノードの物理スイッチポートを VLAN トランクポートに切り替える必要があります。