Menu Close

第14章 プロジェクトのデータのプライバシー

OpenStack は、異なるデータ要件を持つプロジェクト間のマルチテナンシーをサポートするように設計されています。クラウドオペレーターは、適用可能なデータのプライバシーに関する懸念点と規制を考慮する必要があります。本章では、OpenStack デプロイメントにおけるデータ保持および破棄の要素に対応しています。

14.1. データ保持

データのプライバシーと分離は、過去数年にクラウド導入に対する主要なバリアとして、一貫して引用されています。クラウド内で誰がデータを所有するのか、クラウドオペレーターが究極的にこのデータの管理者として信頼できるかどうかの懸念が、これまで重大な問題となっていました。

特定の OpenStack サービスは、プロジェクトに属するデータおよびメタデータ、または参考プロジェクト情報にアクセスできます。たとえば、OpenStack クラウドに保存されるプロジェクトデータには、以下の項目が含まれます。

  • Object Storage オブジェクト
  • コンピュートインスタンスの一時ファイルシステムのストレージ
  • コンピュートインスタンスのメモリー
  • Block Storage ボリュームデータ
  • Compute アクセス用の公開鍵
  • Image サービスの仮想マシンイメージ
  • インスタンスのスナップショット
  • Compute の configuration-drive 拡張に渡されるデータ

OpenStack クラウドにより保存されるメタデータには、以下の項目が含まれます (このリストがすべてを網羅している訳ではありません)。

  • 組織名
  • ユーザーの「本名」
  • 実行中のインスタンス、バケット、オブジェクト、ボリューム、およびその他のクォータ関連項目の数またはサイズ
  • インスタンスの実行時間またはデータの保存時間
  • ユーザーの IP アドレス
  • コンピュートイメージのバンドル用に内部的に生成された秘密鍵