Menu Close

9.4.2. その他の AIDE 値

以下の AIDE 値も使用できます。

AideConfPath: aide 設定ファイルへの完全な POSIX パス。デフォルトは /etc/aide.conf です。ファイルの場所を変更する要件がない場合は、デフォルトのパスのままにすることが推奨されます。

AideDBPath: AIDE 整合性データベースへの完全な POSIX パス。この値は設定が可能で、オペレーターが独自のフルパスを宣言できます。多くの場合、AIDE データベースファイルはノード外に保管されるためです (読み取り専用のファイルマウント)。

AideDBTempPath: AIDE 整合性一時データベースへの完全な POSIX パス。この一時ファイルは、AIDE が新規データベースを初期化する際に作成されます。

AideHour: この値は、AIDE cron 設定の一部として hour 属性を設定します。

AideMinute: この値は、AIDE cron 設定の一部として minute 属性を設定します。

AideCronUser: この値は、AIDE cron 設定の一部として linux ユーザーを設定します。

AideEmail: この値は、cron が実行されるたびに AIDE レポートを受信するメールアドレスを設定します。

AideMuaPath: この値は、AideEmail で設定したメールアドレスに AIDE レポートを送信するために使用される Mail User Agent へのパスを設定します。