第2章 ロールベースのパラメーター

_ROLE_ はロール名に置き換えます。たとえば、_ROLE_Count には ControllerCount を使用します。

パラメーター説明

_ROLE_AnyErrorsFatal

config-download Ansible Playbook を実行する際に any_errors_fatal の値を設定します。デフォルト値は True です。

_ROLE_Count

1 つのロールにデプロイするノード数。デフォルト値は 1 です。

_ROLE_ExtraConfig

クラスターに挿入する、ロール固有の追加の hiera 設定

_ROLE_ExtraGroupVars

オプションの追加 Ansible グループ変数

_ROLE_HostnameFormat

ノードのホスト名の形式。%index% はノードのインデックス (例: 0/1/2) に、%stackname% はスタック名 (例: overcloud) に置き換えられる点に注意してください。デフォルト値は %stackname%-_role_-%index% です。

_ROLE_MaxFailPercentage

config-download Ansible Playbook を実行する際に max_fail_percentage の値を設定します。デフォルト値は 0 です。

_ROLE_NetworkDeploymentActions

ネットワーク設定の変更を適用する場合の OpenStack Orchestration (heat) アクション

_ROLE_Parameters

サービスに提供される任意のロール固有のパラメーター

_ROLE_RemovalPolicies

特定リソースの削除が必要な更新の実行時に、そのロールの ResourceGroup から削除されるリソースの一覧

_ROLE_RemovalPoliciesMode

更新を実行する際の、ROLE ResourceGroup の RemovalPolicies に対する変更の処理方法。デフォルトモードの append の場合には、既存のブラックリストに追加します。update の場合には、ブラックリストを置き換えます。デフォルト値は append です。

_ROLE_SchedulerHints

OpenStack Compute (nova) に渡すオプションのスケジューラーヒント

_ROLE_ServiceNetMap

ロール固有の ServiceNetMap オーバーライド。提供されるマップは、ServiceNetMap を ROLE_ServiceChain リソースおよび _ROLE リソースグループに渡す際にグローバルの ServiceNetMap とマージされます。例: _ROLE_ServiceNetMap: NovaLibvirtNetwork: internal_api_leaf2

_ROLE_Services

ROLE のロール上にインストールする必要のある各サービスのネストされたスタックを表すサービスリソースの一覧 (OpenStack Orchestration (heat) resource_registry で設定される)