第3章 デバッグパラメーター

以下のパラメーターにより、サービス単位でデバッグモードを設定することができます。Debug パラメーターは、全サービスのグローバルパラメーターとして機能し、サービスごとのパラメーターは個別のサービス上のグローバルパラメーターの効果をオーバーライドすることができます。

パラメーター説明

BarbicanDebug

OpenStack Key Manager (barbican) サービスのデバッグを有効にするには、True に設定します。

CinderDebug

OpenStack Block Storage (cinder) サービスのデバッグを有効にするには、True に設定します。

ConfigDebug

設定管理 (Puppet 等) をデバッグモードで実行するかどうかを定義します。デフォルト値は False です。

Debug

全サービスのデバッグを有効にするには、True に設定します。デフォルト値は False です。

GlanceDebug

OpenStack Image Storage (glance) サービスのデバッグを有効にするには、True に設定します。

HeatDebug

OpenStack Orchestration (heat) サービスのデバッグを有効にするには、True に設定します。

HorizonDebug

OpenStack Dashboard (horizon) サービスのデバッグを有効にするには、True に設定します。

IronicDebug

OpenStack Bare Metal (ironic) サービスのデバッグを有効にするには、True に設定します。

KeystoneDebug

OpenStack Identity (keystone) サービスのデバッグを有効にするには、True に設定します。

ManilaDebug

OpenStack Shared File Systems (manila) サービスのデバッグを有効にするには、True に設定します。

NeutronDebug

OpenStack Networking (neutron) サービスのデバッグを有効にするには、True に設定します。

NovaDebug

OpenStack Compute (nova) サービスのデバッグを有効にするには、True に設定します。

SaharaDebug

OpenStack Clustering (sahara) サービスのデバッグを有効にするには、True に設定します。