第9章 Dashboard (horizon) パラメーター

パラメーター説明

HorizonAllowedHosts

OpenStack Dashboard (horizon) が実行中のサーバーの IP/ホスト名の一覧。ヘッダーチェックに使用します。デフォルト値は * です。

HorizonCustomizationModule

OpenStack Dashboard (horizon) には、カスタマイズを行うためのグローバルオーバーライドメカニズムがあります。

HorizonHelpURL

Dashboard 上部には Help ボタンがあります。このボタンを使用して、ベンダーのドキュメントや専用のヘルプポータルにユーザーをリダイレクトすることができます。デフォルト値は https://access.redhat.com/documentation/en-us/red_hat_openstack_platform です。

HorizonPasswordValidator

パスワード検証のための正規表現

HorizonPasswordValidatorHelp

パスワード検証のためのヘルプテキスト

HorizonSecret

Web サーバーの秘密鍵

HorizonSecureCookies

OpenStack Dashboard (horizon) で CSRF_COOKIE_SECURE / SESSION_COOKIE_SECURE を設定します。デフォルト値は False です。

HorizonVhostExtraParams

OpenStack Dashboard (horizon) vhost 設定の追加のパラメーター。デフォルト値は {'add_listen': True, 'priority': 10, 'access_log_format': '%a %l %u %t \\"%r\\" %>s %b \\"%%{}{Referer}i\\" \\"%%{}{User-Agent}i\\"', 'options': ['FollowSymLinks', 'MultiViews']} です。

MemcachedIPv6

Memcached の IPv6 機能を有効にします。デフォルト値は False です。

TimeZone

オーバークラウド上で設定するタイムゾーン。デフォルト値は UTC です。

WebSSOChoices

表示する SSO 認証の選択肢一覧を指定します。各項目は、SSO の選択肢の ID および表示メッセージの一覧です。デフォルト値は [['OIDC', 'OpenID Connect']] です。

WebSSOEnable

Web シングルサインオンのサポートを有効にします。デフォルト値は False です。

WebSSOIDPMapping

SSO 認証の選択肢から認証プロバイダーおよびプロトコルへのマッピングを指定します。認証プロバイダーおよびプロトコル名は、keystone で定義したリソースと一致している必要があります。デフォルト値は {'OIDC': ['myidp', 'openid']} です。

WebSSOInitialChoice

デフォルトで選択する認証の選択肢の初期値。デフォルト値は OIDC です。