Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

6.6. プロジェクトネットワーク(ML2/OVS)内からのトラブルシューティング

Red Hat Openstack Platform (RHOSP) ML2/OVS ネットワークでは、プロジェクトが互いに干渉を生じさせることなくネットワークを設定できるように、すべてのプロジェクトトラフィックはネットワークの名前空間に含まれます。たとえば、ネットワークの名前空間を使用することで、異なるプロジェクトが 192.168.1.1/24 の同じサブネット範囲を指定しても、テナント間で干渉は生じません。

前提条件

  • Networking サービス(neutron)のデフォルトメカニズムドライバーとして ML2/OVS を使用する RHOSP デプロイメント。

手順

  1. openstack network list コマンドを使用して、すべてのプロジェクトネットワークを一覧表示して、ネットワークがどのネットワーク名前空間に含まれているかを確認します。

    $ openstack network list

    この出力では、web-servers ネットワークの ID (9cb32fe0-d7fb-432c-b116-f483c6497b08)に注意してください。このコマンドは、ネットワーク ID をネットワーク名前空間に追加します。これにより、次のステップで名前空間を特定できます。

    出力例

    +--------------------------------------+-------------+-------------------------------------------------------+
    | id                                   | name        | subnets                                               |
    +--------------------------------------+-------------+-------------------------------------------------------+
    | 9cb32fe0-d7fb-432c-b116-f483c6497b08 | web-servers | 453d6769-fcde-4796-a205-66ee01680bba 192.168.212.0/24 |
    | a0cc8cdd-575f-4788-a3e3-5df8c6d0dd81 | private     | c1e58160-707f-44a7-bf94-8694f29e74d3 10.0.0.0/24      |
    | baadd774-87e9-4e97-a055-326bb422b29b | private     | 340c58e1-7fe7-4cf2-96a7-96a0a4ff3231 192.168.200.0/24 |
    | 24ba3a36-5645-4f46-be47-f6af2a7d8af2 | public      | 35f3d2cb-6e4b-4527-a932-952a395c4bb3 172.24.4.224/28  |
    +--------------------------------------+-------------+-------------------------------------------------------+

  2. ip netns list コマンドを使用して、ネットワークの名前空間をすべて一覧表示します。

    # ip netns list

    出力に、web-servers のネットワーク ID と一致する名前空間が表示されます。

    以下の例では、名前空間は qdhcp-9cb32fe0-d7fb-432c-b116-f483c6497b08 です。

    出力例

    qdhcp-9cb32fe0-d7fb-432c-b116-f483c6497b08
    qrouter-31680a1c-9b3e-4906-bd69-cb39ed5faa01
    qrouter-62ed467e-abae-4ab4-87f4-13a9937fbd6b
    qdhcp-a0cc8cdd-575f-4788-a3e3-5df8c6d0dd81
    qrouter-e9281608-52a6-4576-86a6-92955df46f56

  3. 名前空間内でトラブルシューティングのコマンド ip netns exec <namespace> を実行し、web-servers ネットワークの設定を検証します。

    以下の例では、route -n コマンドを使用しています。

    # ip netns exec qrouter-62ed467e-abae-4ab4-87f4-13a9937fbd6b route -n

    出力例

    Kernel IP routing table
    Destination     Gateway         Genmask         Flags Metric Ref    Use Iface
    0.0.0.0         172.24.4.225    0.0.0.0         UG    0      0        0 qg-8d128f89-87
    172.24.4.224    0.0.0.0         255.255.255.240 U     0      0        0 qg-8d128f89-87
    192.168.200.0   0.0.0.0         255.255.255.0   U     0      0        0 qr-8efd6357-96