Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

19.7. 高可用性 (HA) RHOSP Networking サービスノード設定の確認

手順

  • 仮想ルーターの名前空間内で ip address コマンドを実行すると、出力では ha- の接頭辞が付けられて高可用性 (HA) デバイスが返されます。

    # ip netns exec qrouter-b30064f9-414e-4c98-ab42-646197c74020 ip address
    <snip>
    2794: ha-45249562-ec: <BROADCAST,MULTICAST,UP,LOWER_UP> mtu 1500 qdisc noqueue state DOWN group default
    link/ether 12:34:56:78:2b:5d brd ff:ff:ff:ff:ff:ff
    inet 169.254.0.2/24 brd 169.254.0.255 scope global ha-54b92d86-4f

レイヤー 3 HA が有効化され、個別のノードで障害が発生した場合に、仮想ルーターと Floating IP アドレスが保護されます。