Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

第14章 IPv6 を使用したプロジェクトネットワーク

14.1. IPv6 サブネットのオプション

Red Hat OpenStack Platform (RHOSP) プロジェクトネットワークに IPv6 サブネットを作成する場合、アドレスモードおよびルーター広告モードを指定して、以下の表に示す特定の結果を得ることができます。

注記

ML2/OVN デプロイメントでは、RHOSP は IPv6 プレフィックスの委譲をサポートしません。グローバルユニキャストアドレスのプレフィックスを手動で設定する必要があります。

RA モードアドレスモード結果

ipv6_ra_mode=not set

ipv6-address-mode=slaac

インスタンスは、ステートレスアドレス自動設定 (SLAAC) を使用して外部ルーター (OpenStack Networking で管理されていないルーター) から IPv6 アドレスを受信します。

注記

OpenStack Networking は、SLAAC には EUI-64 IPv6 アドレスの割り当てのみをサポートします。これにより、ホストは Base 64 ビットと MAC アドレスに基づいて自らアドレスを割り当てるため、IPv6 ネットワークが簡素化されます。異なるネットマスクおよび SLAAC の address_assign_type を使用してサブネットを作成することはできません。

ipv6_ra_mode=not set

ipv6-address-mode=dhcpv6-stateful

インスタンスは、DHCPv6 stateful を使用して、OpenStack Networking (dnsmasq) から IPv6 アドレスとオプションの情報を受信します。

ipv6_ra_mode=not set

ipv6-address-mode=dhcpv6-stateless

インスタンスは、SLAAC を使用して外部ルーターから IPv6 アドレスを受信し、DHCPv6 stateless を使用して OpenStack Networking (dnsmasq) からオプションの情報を受信します。

ipv6_ra_mode=slaac

ipv6-address-mode=not-set

インスタンスは、SLAAC を使用して OpenStack Networking (radvd) から IPv6 アドレスを受信します。

ipv6_ra_mode=dhcpv6-stateful

ipv6-address-mode=not-set

インスタンスは、DHCPv6 stateful を使用して、外部の DHCPv6 サーバーから IPv6 アドレスとオプションの情報を受信します。

ipv6_ra_mode=dhcpv6-stateless

ipv6-address-mode=not-set

インスタンスは、SLAAC を使用して OpenStack Networking (radvd) から IPv6 アドレスを受信し、DHCPv6 stateless を使用して外部 DHCPv6 サーバーからオプションの情報を受信します。

ipv6_ra_mode=slaac

ipv6-address-mode=slaac

インスタンスは、SLAAC を使用して OpenStack Networking (radvd) から IPv6 アドレスを受信します。

ipv6_ra_mode=dhcpv6-stateful

ipv6-address-mode=dhcpv6-stateful

インスタンスは、DHCPv6 stateful を使用して OpenStack Networking (dnsmasq) から IPv6 アドレスを受信し、DHCPv6 stateful を使用して OpenStack Networking (dnsmasq) からオプションの情報を受信します。

ipv6_ra_mode=dhcpv6-stateless

ipv6-address-mode=dhcpv6-stateless

インスタンスは、SLAAC を使用して OpenStack Networking (radvd) から IPv6 アドレスを受信し、DHCPv6 stateless を使用して OpenStack Networking (dnsmasq) からオプションの情報を受信します。