Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

16.4. ルーティング対応プロバイダーネットワークの準備

Red Hat OpenStack Platform (RHOSP) でルーティング対応プロバイダーネットワークを作成するには、さまざまなタスクを実施する必要があります。

手順

  1. ネットワーク内では、それぞれのセグメントに固有の物理ネットワーク名を使用します。これにより、サブネット間で同じセグメンテーション情報を再利用することができます。

    たとえば、特定のプロバイダーネットワークのすべてのセグメントで同じ VLAN ID を使用します。

  2. セグメント間のルーティングを実装します。

    セグメント上の各サブネットには、その特定のサブネット上のルーターインターフェースのゲートウェイアドレスが含まれている必要があります。

    表16.1 ルーティングのセグメント例

    セグメントバージョンアドレスゲートウェイ

    segment1

    4

    203.0.113.0/24

    203.0.113.1

    segment1

    6

    fd00:203:0:113::/64

    fd00:203:0:113::1

    segment2

    4

    198.51.100.0/24

    198.51.100.1

    segment2

    6

    fd00:198:51:100::/64

    fd00:198:51:100::1

  3. セグメントをコンピュートノードにマッピングします。

    ルーティング対応プロバイダーネットワークでは、コンピュートノードが異なるセグメントに存在することになります。ルーティング対応プロバイダーネットワークのすべてのコンピュートホストが、そのセグメントのいずれかに直接接続されているようにします。

    表16.2 セグメントとコンピュートノードのマッピング例

    ホストラック物理ネットワーク

    compute0001

    rack 1

    segment 1

    compute0002

    rack 1

    segment 1

    compute0101

    rack 2

    segment 2

    compute0102

    rack 2

    segment 2

    compute0102

    rack 2

    segment 2

  4. セグメントごとに少なくとも 1 つの DHCP エージェントをデプロイします。

    従来のプロバイダーネットワークとは異なり、DHCP エージェントはネットワーク内で複数のセグメントをサポートすることができません。ノード数を減らすために、ネットワークノードにではなくセグメントが含まれるコンピュートノードに DHCP エージェントをデプロイします。

    表16.3 セグメントごとの DCHP エージェントのマッピング例

    ホストラック物理ネットワーク

    network0001

    rack 1

    segment 1

    network0002

    rack 1

    segment 1

    カスタムロールファイルを使用して、DCHP エージェントおよび Networking サービスのメタデータエージェントをコンピュートノードにデプロイします。

    以下に例を示します。

    ###############################################################################
    # Role: ComputeSriov                                                          #
    ###############################################################################
    - name: ComputeSriov
      description: |
        Compute SR-IOV Role
      CountDefault: 1
      networks:
        External:
          subnet: external_subnet
        InternalApi:
          subnet: internal_api_subnet
        Tenant:
          subnet: tenant_subnet
        Storage:
          subnet: storage_subnet
      RoleParametersDefault:
        TunedProfileName: "cpu-partitioning"
      update_serial: 25
      ServicesDefault:
        - OS::TripleO::Services::Aide
        - OS::TripleO::Services::AuditD
        - OS::TripleO::Services::BootParams
        - OS::TripleO::Services::CACerts
    ...
        - OS::TripleO::Services::NeutronDhcpAgent
        - OS::TripleO::Services::NeutronMetadataAgent
    ...

    カスタム環境ファイルに以下のキーと値のペアを追加します。

    parameter_defaults:
        ....
        NeutronEnableIsolatedMetadata: 'True'
        ....
  5. RHOSP Placement サービス python3-osc-placement パッケージがアンダークラウドにインストールされていることを確認します。

    このパッケージは、RHOSP 16.1.6 以降のアンダークラウドで利用できます。RHOSP の以前のバージョンでは、パッケージを手動でインストールする必要があります。実行している RHOSP のバージョンを確認するには、アンダークラウドで以下のコマンドを入力します。

    $ cat /etc/rhosp-release
    Red Hat OpenStack Platform release 16.1.5 GA (Train)

    Placement サービスをインストールするには、アンダークラウドに root としてログインし、以下のコマンドを実行します。

    # yum install python3-osc-placement