Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

6.7. 名前空間内での高度な ICMP テストの実行 (ML2/OVS)

tcpdumpping コマンドの組み合わせを使用して、Red Hat Openstack Platform (RHOSP) ML2/OVS ネットワークのトラブルシューティングを行うことができます。

前提条件

  • Networking サービス (neutron) のデフォルトメカニズムドライバーとして ML2/OVS を使用する RHOSP デプロイメント。

手順

  1. tcpdump コマンドを使用して、ICMP トラフィックを取得します。

    # ip netns exec qrouter-62ed467e-abae-4ab4-87f4-13a9937fbd6b tcpdump -qnntpi any icmp

  2. 別のコマンドラインウィンドウで、外部ネットワークへの ping テストを実行します。

    # ip netns exec qrouter-62ed467e-abae-4ab4-87f4-13a9937fbd6b ping www.example.com

  3. tcpdump セッションを実行中のターミナルで、ping テストの結果の詳細を確認します。

    出力例

    tcpdump: listening on any, link-type LINUX_SLL (Linux cooked), capture size 65535 bytes
    IP (tos 0xc0, ttl 64, id 55447, offset 0, flags [none], proto ICMP (1), length 88)
        172.24.4.228 > 172.24.4.228: ICMP host 192.168.200.20 unreachable, length 68
    	IP (tos 0x0, ttl 64, id 22976, offset 0, flags [DF], proto UDP (17), length 60)
        172.24.4.228.40278 > 192.168.200.21: [bad udp cksum 0xfa7b -> 0xe235!] UDP, length 32

注記

トラフィックの tcpdump 分析を実行すると、仮想マシンインスタンスではなくルーターインターフェイス方向の応答パケットが表示されます。qrouter によりリターンパケットで Destination Network Address Translation (DNAT) が実行されるので、これは想定どおりの動作です。