Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

1.4. ML2 ネットワーク種別

ML2 ネットワーク種別では、複数のネットワークセグメントタイプを同時に操作することができます。また、これらのネットワークセグメントは、ML2 のマルチセグメントネットワークに対するサポートを利用して相互接続することが可能です。ポートは接続されているセグメントに自動的にバインドされ、特定のセグメントにバインドする必要はありません。メカニズムドライバーに応じて、ML2 は、以下のネットワークセグメントタイプをサポートします。

フラット
すべての仮想マシン (VM) インスタンスは、同じネットワーク上に存在し、ホストと共有することもできます。VLAN タグ付けやその他のネットワーク分離は行われません。
VLAN

RHOSP ネットワーキングを使用すると、ユーザーは、物理ネットワークに存在する VLAN に対応する VLAN ID (802.1Q タグ付き) を使用して、複数のプロバイダーまたはプロジェクトネットワークを作成できます。これにより、インスタンスは環境全体で相互に通信を行うことが可能になります。また、専用のサーバー、ファイアウォール、ロードバランサー、および同じレイヤー 2 VLAN 上にある他のネットワークインフラストラクチャーと通信することもできます。

VLAN を使用して、同じスイッチ上で動作しているコンピューターのネットワークトラフィックを分割することができます。つまり、それぞれ別のネットワークのメンバーとなるようにポートを設定することで、スイッチを論理的に分割することができます。この場合、それぞれのネットワークは、セキュリティー上の理由からトラフィックを分割するのに使用できる、小規模な LAN ということになります。

たとえば、スイッチに合計 24 個のポートがある場合に、ポート 1 - 6 を VLAN200 に、ポート 7 - 18 を VLAN201 に、それぞれ割り当てることができます。その結果、VLAN200 に接続されているコンピューターは、VLAN201 のコンピューターと完全に分離され、直接通信することはできなくなります。通信する必要があれば、スイッチの VLAN200 部分と VLAN201 部分が 2 つの別個の物理スイッチであったかのように、トラフィックはルーターを通過する必要があります。相互に通信が可能な VLAN の組み合わせを制御するには、ファイアウォールも有用です。

GENEVE トンネル
GENEVE は、ネットワーク仮想化におけるさまざまなデバイスの変化する機能とニーズを認識し、それに対応します。システム全体を規定するのではなく、トンネリングのフレームワークを提供します。GENEVE は、カプセル化中に追加されるメタデータの内容を柔軟に定義し、さまざまな仮想化シナリオへの対応を試みます。UDP をトランスポートプロトコルとして使用し、拡張可能なオプションヘッダーを使用してサイズを動的に変動させます。GNEVE はユニキャスト、マルチキャスト、およびブロードキャストをサポートします。GENEVE タイプドライバーは、ML2/OVN メカニズムドライバーと互換性があります。
VXLAN トンネルと GRE トンネル
VXLAN と GRE は、ネットワークオーバーレイを使用して、インスタンス間のプライベート通信をサポートします。RHOSP ネットワーキングルーターは、トラフィックが GRE または VXLAN プロジェクトネットワークの外部に通過できるようにするために必要です。また、ルーターは、直接接続されたプロジェクトネットワークを外部ネットワーク (インターネットを含む) に接続するためにも必要とされ、このルーターは、Floating IP アドレスを使用して外部ネットワークから直接インスタンスに接続する機能を提供します。VXLAN および GRE タイプドライバーは、ML2/OVS メカニズムドライバーと互換性があります。