Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

第21章 タグを使用した仮想デバイスの識別

21.1. 仮想デバイスのタグ付け

Red Hat OpenStack Platform では、複数のネットワークインターフェースまたはブロックデバイスを使用して仮想マシンインスタンスを起動する場合には、デバイスのタグ付けを使用して、各デバイスの目的のロールをインスタンスのオペレーティングシステムに通信することができます。インスタンスのブート時にタグがデバイスに割り当てられ、メタデータ API とコンフィグドライブ (有効な場合) を使用してインスタンスのオペレーティングシステムに公開されます。

手順

  • 仮想デバイスをタグ付けするには、インスタンスの作成時にタグパラメーター --block-device および --nicを使用します。

    $ nova boot test-vm --flavor m1.tiny --image cirros \
    --nic net-id=55411ca3-83dd-4036-9158-bf4a6b8fb5ce,tag=nfv1 \
    --block-device id=b8c9bef7-aa1d-4bf4-a14d-17674b370e13,bus=virtio,tag=database-server NFVappServer

    割り当てられたタグが既存のインスタンスのメタデータに追加され、メタデータ API とコンフィグドライブ上の両方に公開されます。

    この例では、以下の devices セクションにメタデータが反映されます。

    meta_data.json ファイルの内容の例:

        {
      "devices": [
        {
            "type": "nic",
            "bus": "pci",
            "address": "0030:00:02.0",
            "mac": "aa:00:00:00:01",
            "tags": ["nfv1"]
        },
        {
            "type": "disk",
            "bus": "pci",
            "address": "0030:00:07.0",
            "serial": "disk-vol-227",
            "tags": ["database-server"]
        }
      ]
    }

    デバイスタグのメタデータは、メタデータ API から GET /openstack/latest/meta_data.json を使用して確認することができます。

    コンフィグドライブが有効で、インスタンスのオペレーティングシステムの /configdrive にマウントされている場合には、メタデータは /configdrive/openstack/latest/meta_data.json にも保管されます。