Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

11.2. ML2/OVN デプロイメントでの VLAN 透過性の有効化

仮想マシン (VM) インスタンス間で VLAN タグ付けされたトラフィックを送信する必要がある場合は、VLAN の透過性を有効にします。VLAN 透過ネットワークでは、neutron で VLAN を設定するのではなく、直接仮想マシンで設定することができます。

前提条件

  • メカニズムドライバーとして ML2/OVN を使用する Red Hat OpenStack Platform 16.1 以降のデプロイメント
  • 種別 VLAN または Geneve のプロバイダーネットワーク。フラット種別のプロバイダーネットワークのデプロイメントでは、VLAN の透過性を使用しないでください。
  • 両方の VLAN において、外部スイッチが ethertype 0x8100 を使用する 802.1q VLAN スタックをサポートするようにします。OVN VLAN の透過性は、0x88A8 または 0x9100 に設定された外部プロバイダー VLAN ethertype を使用する 802.1ad QinQ をサポートしません。

手順

  1. アンダークラウドノードの環境ファイルで、EnableVLANTransparency パラメーターを True に設定します。たとえば、以下の行を ovn-extras.yaml に追加します。

    parameter_defaults:
        EnableVLANTransparency: True
  2. この環境ファイルをご自分の環境に該当するその他の環境ファイルと共に openstack overcloud deploy コマンドに追加して、オーバークラウドをデプロイします。

    $ openstack overcloud deploy \
    --templates \
    …
    -e <other_overcloud_environment_files> \
    
    -e ovn-extras.yaml \
    …

    <other_overcloud_environment_files> を既存のデプロイメントに含まれる環境ファイルの一覧に置き換えます。

  3. --transparent-vlan 引数を使用してネットワークを作成します。また、VLAN の透過性に必要な追加のタグ付けに対応するために、ネットワークの MTU をベースのネットワークの MTU より 4 バイト少ない値に設定します。

    openstack network create network-name --project project-uuid --transparent-vlan --mtu 1438

  4. 参加するそれぞれの仮想マシンに VLAN インターフェイスを設定します。

    ip link add link eth0 name vlan50 type vlan id 50
    ip link set vlan50 up
    ip addr add 192.128.111.3/24 dev vlan50

検証

  1. vlan50 の IP アドレスを使用して VLAN 上の 2 つの仮想マシン間で ping を送信します。
  2. eth0 で tcpdump を使用して、VLAN タグが付いたままパケットが到達するかどうかを確認します。

関連情報