Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

3.7. ネットワークの作成

インスタンスが相互に通信し DHCP を使用して IP アドレスを受け取ることができるように、ネットワークを作成します。外部ネットワークの接続に関する詳細は、「物理ネットワークのブリッジ」を参照してください。

ネットワークの作成時には、ネットワークで複数のサブネットをホスト可能である点を認識しておくことが重要です。これは、まったく異なるシステムを同じネットワークでホストし、それらのシステムを分離する必要がある場合に役立ちます。たとえば、1 つのサブネットでは Web サーバーのトラフィックだけが伝送されるようにする一方で、別のサブネットはデータベースのトラフィックが通過するように指定することができます。サブネットは相互に分離され、別のサブネットと通信する必要のあるインスタンスのトラフィックは、ルーターによって転送する必要があります。大量のトラフィックを必要とする複数のシステムを、同じサブネットに配置すると、ルーティングの必要がなく、ルーティングに伴うレイテンシーや負荷を回避することができます。

  1. Dashboard で プロジェクト > ネットワーク > ネットワーク を選択します。
  2. +ネットワークの作成 をクリックして、以下の値を指定します。

    フィールド説明

    ネットワーク名

    そのネットワークが果たす役割に基づいた説明的な名前。ネットワークを外部の VLAN と統合する場合には、名前に VLAN ID 番号を追記することを検討してください。たとえば、このサブネットで HTTP Web サーバーをホストし、VLAN タグが 122 の場合には webservers_122 とします。また、ネットワークトラフィックをプライベートにして、ネットワークを外部ネットワークと統合しない場合には、internal-only とします。

    管理状態有効

    このオプションにより、ネットワークを即時に利用可能にするかどうかを制御することができます。ネットワークを Down の状態で作成するには、このフィールドを使用します。その場合、そのネットワークは論理的には存在しますが、アクティブではありません。このような設定は、そのネットワークを直ちに稼働させない場合に有用です。

    サブネットの作成

    サブネットを作成するかどうかを決定します。たとえば、ネットワーク接続のないプレースホルダーとしてこのネットワークを維持する場合には、サブネットを作成しない方がよいでしょう。

  3. 次へ ボタンをクリックして、サブネット タブで以下の値を指定します。

    フィールド説明

    サブネット名

    サブネットの説明的な名前を入力します。

    ネットワークアドレス

    IP アドレス範囲とサブネットマスクが 1 つの値としてまとめられた CIDR 形式でアドレスを入力します。アドレスを判断するには、サブネットマスクでマスキングされたビット数を算出して、IP アドレス範囲の値に追記します。たとえば、サブネットマスク 255.255.255.0 でマスクされるビット数は 24 です。このマスクを IPv4 アドレス範囲 192.168.122.0 に使用するには、アドレスを 192.168.122.0/24 と指定します。

    IP バージョン

    インターネットプロトコルバージョンを指定します (有効なタイプは IPv4 または IPv6)。ネットワークアドレス フィールドの IP アドレスの範囲は、選択したバージョンと一致する必要があります。

    ゲートウェイ IP

    デフォルトゲートウェイに指定したルーターのインターフェースの IP アドレス。このアドレスは、外部ロケーションを宛先とするトラフィックルーティングの次のホップとなり、ネットワークアドレス フィールドで指定した範囲内でなければなりません。たとえば、CIDR 形式のネットワークアドレスが 192.168.122.0/24 の場合には、通常デフォルトのゲートウェイは 192.168.122.1 となります。

    ゲートウェイなし

    転送を無効にして、サブネットを分離します。

  4. 次へ をクリックして DHCP オプションを指定します。

    • DHCP 有効: そのサブネットの DHCP サービスを有効にします。DHCP を使用して、インスタンスへの IP 設定の割り当てを自動化することができます。
    • IPv6 アドレス設定モード : IPv6 ネットワークを作成する際の設定モード。IPv6 ネットワークを作成する場合には、IPv6 アドレスと追加の情報をどのように割り当てるかを指定する必要があります。

      • オプション指定なし: IP アドレスを手動で設定する場合または OpenStack が対応していない方法を使用してアドレスを割り当てる場合には、このオプションを選択します。
      • SLAAC (Stateless Address Autoconfiguration): インスタンスは、ルーターから送信されるルーター広告 (RA) メッセージに基づいて IPv6 アドレスを生成します。OpenStack Networking ルーターオプションまたは外部ルーターオプションを選択します。ra_mode が slaac に、address_mode が slaac に設定された OpenStack Networking サブネットを作成するには、この設定を使用します。
      • DHCPv6 stateful: インスタンスは、OpenStack Networking DHCPv6 サービスから、IPv6 アドレスや追加のオプション (例: DNS) を受信します。ra_mode が dhcpv6-stateful に、address_mode が dhcpv6-stateful に設定されたサブネットを作成するには、この設定を使用します。
      • DHCPv6 stateless: インスタンスは、OpenStack Networking ルーターから送信されるルーター広告 (RA) メッセージに基づいて IPv6 アドレスを生成します。追加のオプション (例: DNS) は、OpenStack Networking DHCPv6 サービスから割り当てられます。ra_mode が dhcpv6-stateless に、address_mode が dhcpv6-stateless に設定されたサブネットを作成するには、この設定を使用します。
    • IP アドレス割り当てプール: DHCP によって割り当てられる IP アドレスの範囲。たとえば、192.168.22.100,192.168.22.150 という値を指定すると、その範囲内で使用可能なアドレスはすべて割り当ての対象として考慮されます。
    • DNS サーバー: ネットワーク上で利用可能な DNS サーバーの IP アドレス。DHCP はこれらの IP アドレスをインスタンスに割り当てて名前解決します。

      重要

      DNS 等の重要なサービスの場合、クラウド上ではホストしないことがベストプラクティスです。たとえば、クラウドで DNS をホストしている場合にクラウドが正常に動作しなくなると、DNS は利用できず、クラウドコンポーネントは互いに検索することができなくなります。

    • 追加のルート設定: 静的ホストルート。まず CIDR 形式で宛先のネットワークを指定し、その後にルーティングに使用する次のホップを指定します (例: 192.168.23.0/24, 10.1.31.1)。静的ルートをインスタンスに分散する必要がある場合には、この値を指定します。
  5. 作成 をクリックします。

    作成が完了したネットワークは、ネットワーク タブに表示されます。必要に応じて、ネットワークの編集 をクリックしてオプションを変更することもできます。インスタンスの作成時には、そのサブネットを使用するように設定できるようになりました。指定した DHCP オプションがインスタンスに適用されます。