Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

第10章 ブリッジマッピングの設定

本章では、Red Hat OpenStack Platform でのブリッジマッピングの設定について説明します。

10.1. ブリッジマッピングの概要

ブリッジマッピングは、物理ネットワーク名 (インターフェースラベル) を OVS または OVN で作成したブリッジに関連付けます。以下の例では、物理名 (datacentre) が外部ブリッジ (br-ex) にマッピングされます。

bridge_mappings = datacentre:br-ex

ブリッジマッピングにより、プロバイダーネットワークのトラフィックは、物理ネットワークに到達することが可能となります。トラフィックは、ルーターの qg-xxx インターフェースからプロバイダーネットワークの外部に送出されて、br-int に達します。次に OVS の場合、br-intbr-ex 間のパッチポートにより、トラフィックはプロバイダーネットワークのブリッジを通過して物理ネットワークまで到達することができます。OVN の場合は、ポートを必要とするハイパーバイザーに仮想マシンがバインドされている場合に限り、ハイパーバイザーにパッチポートが作成されます。

ルーターがスケジュールされているネットワークノードに、ブリッジマッピングを設定します。ルータートラフィックは、正しい物理ネットワーク (プロバイダーネットワーク) を使用して外部に送信されます。

注記

Networking サービスは、各物理ネットワークに対して 1 つのブリッジのみをサポートします。同じブリッジに複数の物理ネットワークをマッピングしないでください。