Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

7.4.4. Cumulus Linux スイッチでのアクセスポートの設定

この設定では、物理ノードの NIC がイーサネットケーブルにより物理スイッチのインターフェースに接続されていることを前提としています。Cumulus Linux スイッチは、管理インターフェースに eth を、アクセス/トランクポートに swp を使用します。

重要

以下に示す値は、例として提示しています。この例で使用している値を、実際の環境に合わせて変更する必要があります。これらの値を調整せずにコピーしてご自分のスイッチ設定に貼り付けると、予期せぬ機能停止を招く可能性があります。

手順

  • 図7.1「ネットワークレイアウト例」」の図に示した例を使用して、swp1 (Cumulus Linux スイッチ上) をアクセスポートとして設定します。

    auto bridge
    iface bridge
      bridge-vlan-aware yes
      bridge-ports glob swp1-2
      bridge-vids 100 200
    
    
    auto swp1
    iface swp1
      bridge-access 100
    
    
    auto swp2
    iface swp2
      bridge-access 200