Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

7.2.7. Cisco Catalyst スイッチでの LACP の設定

以下の例では、コンピュートノードに VLAN 100 を使用する NIC が 2 つあります。

手順

  1. コンピュートノードの NIC を共に物理的にスイッチ (例: ポート 12 と 13) に接続します。
  2. LACP ポートチャネルを作成します。

    interface port-channel1
      switchport access vlan 100
      switchport mode access
      spanning-tree guard root
  3. スイッチポート 12 (Gi1/0/12) および 13 (Gi1/0/13) を設定します。

    sw01# config t
    Enter configuration commands, one per line.  End with CNTL/Z.
    
    sw01(config) interface GigabitEthernet1/0/12
       switchport access vlan 100
       switchport mode access
       speed 1000
       duplex full
       channel-group 10 mode active
       channel-protocol lacp
    
    interface GigabitEthernet1/0/13
      switchport access vlan 100
      switchport mode access
      speed 1000
      duplex full
      channel-group 10 mode active
      channel-protocol lacp
  4. 新しいポートチャネルを確認します。出力には、新規ポートチャネル Po1 と、メンバーポートの Gi1/0/12 および Gi1/0/13 が表示されます。

    sw01# show etherchannel summary
    <snip>
    
    Number of channel-groups in use: 1
    Number of aggregators:           1
    
    Group  Port-channel  Protocol    Ports
    ------+-------------+-----------+-----------------------------------------------
    1      Po1(SD)         LACP      Gi1/0/12(D)  Gi1/0/13(D)
    注記

    copy running-config startup-config コマンドを実行して running-config を startup-config にコピーし、変更を適用するのを忘れないようにしてください。