Menu Close

8.6. 既知の制限

NFV 向けに Red Hat OpenStack Platform で OVS-DPDK を設定する場合には、以下の制限事項を確認してください。

  • 非 DPDK トラフィックおよびコントロールプレーンネットワーク (内部、管理、ストレージ、ストレージ管理、テナント等) には、Linux ボンディングを使用します。パフォーマンスを最適化するには、ボンディングに使用されている両方の PCI デバイスが同じ NUMA ノード上にあることを確認してください。Red Hat では、Neutron の Linux ブリッジ構成はサポートしていません。
  • OVS-DPDK を使用するホスト上で実行される全インスタンスにヒュージページが必要です。ゲストのヒュージページがない場合には、インターフェースは表示されても機能しません。
  • OVS-DPDK を使用する場合には、分散仮想ルーター (DVR) 等の TAP デバイスを使用するサービスのパフォーマンスが低下します。得られるパフォーマンスは、実稼働環境に適するものではありません。
  • OVS-DPDK を使用する場合には、同じコンピュートノード上の全ブリッジが ovs_user_bridge の種別でなければなりません。同じノード上で ovs_bridgeovs_user_bridge が混在する構成は、director では受け入れ可能ですが、Red Hat OpenStack Platform ではサポートされていません。