Menu Close

8.3. OVS-DPDK インターフェースの MTU 値の設定

Red Hat OpenStack Platform は OVS-DPDK 向けにジャンボフレームをサポートしています。ジャンボフレーム用の最大伝送単位 (MTU) 値を設定するには、以下の操作を行う必要があります。

  • network-environment.yaml ファイルで、ネットワークのグローバル MTU 値を設定する。
  • compute.yaml ファイルで、物理 DPDK ポートの MTU 値を設定する。この値は、vhost のユーザーインターフェースでも使用されます。
  • コンピュートノード上の任意のゲストインスタンスで MTU 値を設定し、設定内でエンドツーエンドに同等の MTU 値が設定されるようにする。
注記

VXLAN パケットには追加で 50 バイトがヘッダーに含まれます。MTU の必要値は、ヘッダーの追加バイト値に基づいて計算してください。たとえば、MTU 値 が 9000 の場合には、これらの追加バイト値を計算に入れると、VXLAN トンネルの MTU 値は 8950 となります。

注記

物理 NIC は DPDK PMD によって制御され、compute.yaml ファイルで設定されているのを同じ MTU 値が適用されるので、特別な設定は必要ありません。MTU 値には、物理 NIC でサポートされているよりも高い値を設定することはできません。

OVS-DPDK インターフェースの MTU 値を設定するには、以下の手順を実行します。

  1. network-environment.yaml ファイルで NeutronGlobalPhysnetMtu パラメーターを設定します。

    parameter_defaults:
      # MTU global configuration
      NeutronGlobalPhysnetMtu: 9000
    注記

    network-environment.yaml ファイルの OvsDpdkSocketMemory の値がジャンボフレームをサポートするのに十分な大きさの値であることを確認します。詳しくは、「メモリーパラメーター」を参照してください。

  2. controller.yaml ファイルでコンピュートノードへのブリッジ上の MTU 値を設定します。

      -
        type: ovs_bridge
        name: br-link0
        use_dhcp: false
        members:
          -
            type: interface
            name: nic3
            mtu: 9000
  3. compute.yaml ファイルで OVS-DPDK ボンディング用の MTU 値を設定します。

    - type: ovs_user_bridge
      name: br-link0
      use_dhcp: false
      members:
        - type: ovs_dpdk_bond
          name: dpdkbond0
          mtu: 9000
          rx_queue: 2
          members:
            - type: ovs_dpdk_port
              name: dpdk0
              mtu: 9000
              members:
                - type: interface
                  name: nic4
            - type: ovs_dpdk_port
              name: dpdk1
              mtu: 9000
              members:
                - type: interface
                  name: nic5