Menu Close

9.7. HCI および DPDK を使用するオーバークラウドのデプロイ

ハイパーコンバージドノードと共に NFV インフラストラクチャーをデプロイするには、リソースの使用率を最適化するために Compute サービスと Ceph Storage サービスを共存させて設定します。

ハイパーコンバージドインフラストラクチャー (HCI) についての詳しい情報は、『ハイパーコンバージドインフラストラクチャーガイド』を参照してください。

前提条件
  • Red Hat OpenStack Platform 16.1
  • Red Hat Ceph Storage 4 の最新バージョン
  • rhceph-4-tools-for-rhel-8-x86_64-rpms リポジトリーで提供される ceph-ansible 4 の最新バージョン
手順
  1. アンダークラウドに ceph-ansible をインストールします。

    $ sudo yum install ceph-ansible -y
  2. ComputeHCI ロール用に roles_data.yaml ファイルを生成します。

    $ openstack overcloud roles generate -o ~/<templates>/roles_data.yaml Controller \
     ComputeHCIOvsDpdk
  3. openstack flavor create および openstack flavor set コマンドを使用して、新規フレーバーを作成および設定します。フレーバー作成についての詳細は、『オーバークラウドの高度なカスタマイズ』「新規ロールの作成」を参照してください。
  4. 生成したカスタムの roles_data.yaml ファイルを使用して、オーバークラウドをデプロイします。

    # time openstack overcloud deploy --templates \
     --timeout 360 \
     -r ~/<templates>/roles_data.yaml \
     -e /usr/share/openstack-tripleo-heat-templates/environments/ceph-ansible/ceph-ansible.yaml \
     -e /usr/share/openstack-tripleo-heat-templates/environments/network-isolation.yaml \
     -e /usr/share/openstack-tripleo-heat-templates/environments/services-docker/neutron-ovs-dpdk.yaml \
     -e ~/<templates>/<custom environment file>

9.7.1. NUMA ノード設定の例

パフォーマンスを向上させるために、テナントネットワークおよび Ceph オブジェクトサービスデーモン (OSD) を 1 つの NUMA ノード (例: NUMA-0) に配置し、VNF および NFV 以外の仮想マシンを別の NUMA ノード (例: NUMA-1) に配置します。

CPU の割り当て
NUMA-0NUMA-1

Ceph OSD 数 * 4 HT

VNF および NFV 以外の仮想マシン用のゲスト仮想 CPU

DPDK lcore - 2 HT

DPDK lcore - 2 HT

DPDK PMD - 2 HT

DPDK PMD - 2 HT

CPU 割り当ての例
 NUMA-0NUMA-1

Ceph OSD

32,34,36,38,40,42,76,78,80,82,84,86

 

DPDK-lcore

0,44

1,45

DPDK-pmd

2,46

3,47

nova

 

5,7,9,11,13,15,17,19,21,23,25,27,29,31,33,35,37,39,41,43,49,51,53,55,57,59,61,63,65,67,69,71,73,75,77,79,81,83,85,87