Menu Close

第3章 ソフトウェア要件

本項では、サポートされている設定とドライバー、および NFV に必要なサブスクリプションの詳細について説明します。

3.1. リポジトリーの登録と有効化

Red Hat OpenStack Platform をインストールするには、Red Hat OpenStack Platform director を Red Hat サブスクリプションマネージャーで登録して、必要なチャンネルをサブスクライブします。アンダークラウドの登録および更新についての詳細は、「アンダークラウドの登録およびサブスクリプションのアタッチ」を参照してください。

手順

  1. コンテンツ配信ネットワークにシステムを登録します。プロンプトが表示されたら、カスタマーポータルのユーザー名とパスワードを入力します。

    [stack@director ~]$ sudo subscription-manager register
  2. Red Hat OpenStack Platform director のエンタイトルメントプール ID を確認します (たとえば、以下のコマンド出力の {Pool ID})。

    [stack@director ~]$ sudo subscription-manager list --available --all --matches="Red Hat OpenStack"
    Subscription Name:   Name of SKU
    Provides:            Red Hat Single Sign-On
                         Red Hat Enterprise Linux Workstation
                         Red Hat CloudForms
                         Red Hat OpenStack
                         Red Hat Software Collections (for RHEL Workstation)
                         Red Hat Virtualization
    SKU:                 SKU-Number
    Contract:            Contract-Number
    Pool ID:             {Pool-ID}-123456
    Provides Management: Yes
    Available:           1
    Suggested:           1
    Service Level:       Support-level
    Service Type:        Service-Type
    Subscription Type:   Sub-type
    Ends:                End-date
    System Type:         Physical
  3. 以下のコマンドで Pool ID の値を指定して、Red Hat OpenStack Platform 16.1 のエンタイトルメントをアタッチします。

    [stack@director ~]$ sudo subscription-manager attach --pool={Pool-ID}-123456
  4. デフォルトのリポジトリーを無効にします。

    subscription-manager repos --disable=*
  5. Red Hat OpenStack Platform で NFV を使用するのに必要なリポジトリーを有効にします。

    $ sudo subscription-manager repos --enable=rhel-8-for-x86_64-baseos-eus-rpms \
    --enable=rhel-8-for-x86_64-appstream-eus-rpms \
    --enable=rhel-8-for-x86_64-highavailability-eus-rpms \
    --enable=ansible-2.9-for-rhel-8-x86_64-rpms \
    --enable=openstack-16.1-for-rhel-8-x86_64-rpms \
    --enable=rhel-8-for-x86_64-nfv-rpms \
    --enable=advanced-virt-for-rhel-8-x86_64-rpms \
    --enable=fast-datapath-for-rhel-8-x86_64-rpms
  6. システムを更新して、ベースシステムパッケージが最新の状態になるようにします。

    [stack@director ~]$ sudo dnf update -y
    [stack@director ~]$ sudo reboot
注記

オーバークラウドノードを登録するには、「Ansible ベースのオーバークラウド登録」を参照してください。