Menu Close

第1章 NFV の概要

ネットワーク機能仮想化 (NFV) とは、汎用のクラウドベースのインフラストラクチャー上でネットワーク機能 (ネットワークスイッチ等) を仮想化するソフトウェアソリューションです。NFV により、通信事業者 (CSP) は従来の、あるいはプロプライエタリーのハードウェアから離れることができます。

NFV の概念に関する俯瞰的な情報は、『ネットワーク機能仮想化 (NFV) の製品ガイド』を参照してください。

注記

OVS-DPDK および SR-IOV の設定は、ハードウェアとトポロジーに依存します。本ガイドでは、CPU の割り当て、メモリーの確保、NIC の設定の例を紹介します。これらは、トポロジーとユースケースによって異なる場合があります。

Red Hat OpenStack Platform director を使用して、特定のネットワーク種別 (外部、プロジェクト、内部 API 等) を分離します。ネットワークは、単一のネットワークインターフェース上に、または複数のホストネットワークインターフェースに分散してデプロイすることが可能です。Open vSwitch により、複数のインターフェースを単一のブリッジに割り当てて、ボンディングを作成することができます。Red Hat OpenStack Platform インストール環境でネットワークの分離を設定するには、テンプレートファイルを使用します。テンプレートファイルを指定しない場合、サービスネットワークはプロビジョニングネットワーク上にデプロイされます。テンプレートの設定ファイルには、2 つの種類があります。

  • network-environment.yaml: このファイルには、サブネットおよび IP アドレス範囲などの、オーバークラウドノードのネットワーク情報が含まれます。このファイルには、さまざまなシナリオで使用できるように、デフォルトのパラメーター値を上書きする別の設定も含まれます。
  • compute.yaml および controller.yaml 等のホストのネットワークテンプレート: オーバークラウドノードのネットワークインターフェース設定が定義されます。ネットワーク情報の値は、network-environment.yaml ファイルで指定します。

これらの Heat テンプレートファイルは、アンダークラウドノードの /usr/share/openstack-tripleo-heat-templates/ にあります。

「ハードウェア要件」および「ソフトウェア要件」の項では、Red Hat OpenStack Platform director を使用した NFV 用 Heat テンプレートファイルのプランニングおよび設定の方法について説明します。

注記

YAML ファイルを編集して NFV を設定することができます。YAML ファイル形式の概要は、『Getting Started with Kubernetes』の「YAML in a Nutshell」を参照してください。