Menu Close

9.3.2. 信頼済み VF ネットワークの活用

  1. 種別 vlan のネットワークを作成します。

    openstack network create trusted_vf_network  --provider-network-type vlan \
     --provider-segment 111 --provider-physical-network sriov2 \
     --external --disable-port-security
  2. サブネットを作成します。

    openstack subnet create --network trusted_vf_network \
      --ip-version 4 --subnet-range 192.168.111.0/24 --no-dhcp \
     subnet-trusted_vf_network
  3. ポートを作成します。vnic-type オプションを direct に、binding-profile オプションを true に、それぞれ設定します。

    openstack port create --network sriov111 \
    --vnic-type direct --binding-profile trusted=true \
    sriov111_port_trusted
  4. インスタンスを作成し、それを前のステップで作成した信頼済みポートにバインドします。

    openstack server create --image rhel --flavor dpdk  --network internal --port trusted_vf_network_port_trusted --config-drive True --wait rhel-dpdk-sriov_trusted

ハイパーバイザー上での信頼済み VF 設定の確認

  1. インスタンスを作成したコンピュートノード上で、以下のコマンドを入力します。

    # ip link
    7: p5p2: <BROADCAST,MULTICAST,UP,LOWER_UP> mtu 9000 qdisc mq state UP mode DEFAULT group default qlen 1000
        link/ether b4:96:91:1c:40:fa brd ff:ff:ff:ff:ff:ff
        vf 6 MAC fa:16:3e:b8:91:c2, vlan 111, spoof checking off, link-state auto, trust on, query_rss off
        vf 7 MAC fa:16:3e:84:cf:c8, vlan 111, spoof checking off, link-state auto, trust off, query_rss off
  2. VF の信頼ステータスが trust on であることを確認します。上記の出力例には、2 つのポートが含まれる環境の詳細が示されています。vf 6trust on のテキストが含まれている点に注意してください。
  3. Networking サービス (neutron) ネットワークで port_security_enabled: false を設定した場合、あるいは openstack port create コマンドの実行時に引数 --disable-port-security を含める場合には、スプーフィングの確認を無効にできます。