Menu Close

第7章 OVS-DPDK デプロイメントのプランニング

NFV 向けの Data Plane Development Kit 対応 Open vSwitch (OVS-DPDK) デプロイメントを最適化するには、OVS-DPDK がコンピュートノードのハードウェア (CPU、NUMA ノード、メモリー、NIC) をどのように使用するかと、コンピュートノードに応じた OVS-DPDK の各パラメーターを決定するにあたっての考慮事項を理解しておくべきです。

重要

OVS-DPDK および OVS ネイティブファイアウォール(conntrack に基づくステートフルファイアウォール)を使用する場合、追跡することができるのは ICMPv4、ICMPv6、TCP、および UDP プロトコルを使用するパケットだけです。OVS は、その他すべてのネットワークトラフィック種別を無効と識別します。

CPU と NUMA トポロジーの概要は、「NFV のパフォーマンスの考慮事項」を参照してください。

7.1. CPU 分割と NUMA トポロジーを使用する OVS-DPDK

OVS-DPDK は、ホスト、ゲスト、およびそれ自体用にハードウェアリソースを分割します。OVS-DPDK Poll Mode Driver (PMD) は、専用の CPU コアを必要とする DPDK アクティブループを実行します。したがって、一部の CPU およびヒュージページを OVS-DPDK に割り当てる必要があります。

サンプルの分割では、デュアルソケットのコンピュートノード上の 1 NUMA ノードにつき 16 コアが含まれます。ホストと OVS-DPDK 間で NIC を共有することができないので、トラフィックには追加の NIC が必要です。

OpenStack NFV Hardware Capacities 464931 0118 OVS DPDK
注記

NUMA ノードに DPDK NIC が関連付けられていない場合でも、両方の NUMA ノードで DPDK PMD スレッドを確保する必要があります。

最高の OVS-DPDK パフォーマンスを得るためには、NUMA ノードにローカルなメモリーブロックを確保します。メモリーと CPU ピニングに使用する同じ NUMA ノードに関連付けられた NIC を選択してください。ボンディングを構成する両方のインターフェースには、同じ NUMA ノード上の NIC を使用するようにしてください。