Menu Close

9.2. NFV ワークロードに向けた RT-KVM の有効化

Red Hat Enterprise Linux 8.2 Real Time KVM (RT-KVM) を容易にインストールおよび設定するために、Red Hat OpenStack Platform では以下の機能を使用することができます。

  • Red Hat Enterprise Linux for Real Time をプロビジョニングする、real-time コンピュートノードロール
  • 追加の RT-KVM カーネルモジュール
  • コンピュートノードの自動設定

9.2.1. RT-KVM コンピュートノードのプランニング

RT-KVM コンピュートノードには、Red Hat 認定済みサーバーを使用する必要があります。詳しくは、Red Hat Enterprise Linux for Real Time 7 用認定サーバー を参照してください。

RT-KVM 用の rhel-8-server-nfv-rpms リポジトリーを有効にしてシステムを最新の状態に維持する方法についての詳細は、『Director Installation and Usage』の「Registering the undercloud and attaching subscriptions」を参照してください。

注記

このリポジトリーにアクセスするには、別途 Red Hat OpenStack Platform for Real Time SKU のサブスクリプションが必要です。

real-time のイメージのビルド

  1. アンダークラウドに libguestfs-tools パッケージをインストールして、virt-customize ツールを取得します。

    (undercloud) [stack@undercloud-0 ~]$ sudo dnf install libguestfs-tools
    重要

    アンダークラウドに libguestfs-tools パッケージをインストールする場合は、アンダークラウドの tripleo_iscsid サービスとのポートの競合を避けるために iscsid.socket を無効にします。

    $ sudo systemctl disable --now iscsid.socket
  2. イメージを抽出します。

    (undercloud) [stack@undercloud-0 ~]$ tar -xf /usr/share/rhosp-director-images/overcloud-full.tar
    (undercloud) [stack@undercloud-0 ~]$ tar -xf /usr/share/rhosp-director-images/ironic-python-agent.tar
  3. デフォルトのイメージをコピーします。

    (undercloud) [stack@undercloud-0 ~]$ cp overcloud-full.qcow2 overcloud-realtime-compute.qcow2
  4. イメージを登録して、カスタマイズに適切な Red Hat のリポジトリーを有効にします。以下の例の [username] および [password] を有効な認証情報に置き換えてください。

    virt-customize -a overcloud-realtime-compute.qcow2 --run-command \
    'subscription-manager register --username=[username] --password=[password]' \
    subscription-manager release --set 8.2
    注記

    コマンドプロンプトで認証情報を使用したら、履歴ファイルから認証情報を削除してセキュリティーを確保することができます。history -d コマンドの後に行番号を指定して、履歴内の個々の行を削除することができます。

  5. アカウントのサブスクリプションからプール ID の一覧を検索し、適切なプール ID をイメージにアタッチします。

    sudo subscription-manager list --all --available | less
    ...
    virt-customize -a overcloud-realtime-compute.qcow2 --run-command \
    'subscription-manager attach --pool [pool-ID]'
  6. Red Hat OpenStack Platform で NFV を使用するのに必要なリポジトリーを追加します。

    virt-customize -a overcloud-realtime-compute.qcow2 --run-command \
    'sudo subscription-manager repos --enable=rhel-8-for-x86_64-baseos-eus-rpms \
    --enable=rhel-8-for-x86_64-appstream-eus-rpms \
    --enable=rhel-8-for-x86_64-highavailability-eus-rpms \
    --enable=ansible-2.9-for-rhel-8-x86_64-rpms \
    --enable=openstack-16.1-for-rhel-8-x86_64-rpms \
    --enable=rhel-8-for-x86_64-nfv-rpms \
    --enable=advanced-virt-for-rhel-8-x86_64-rpms \
    --enable=fast-datapath-for-rhel-8-x86_64-rpms'
  7. イメージ上でリアルタイム機能を設定するためのスクリプトを作成します。

    (undercloud) [stack@undercloud-0 ~]$ cat <<'EOF' > rt.sh
      #!/bin/bash
    
      set -eux
    
      dnf -v -y --setopt=protected_packages= erase kernel.$(uname -m)
      dnf -v -y install kernel-rt kernel-rt-kvm tuned-profiles-nfv-host
      grubby --set-default /boot/vmlinuz*rt*
      EOF
  8. real-time のイメージを設定するスクリプトを実行します。

    (undercloud) [stack@undercloud-0 ~]$ virt-customize -a overcloud-realtime-compute.qcow2 -v --run rt.sh 2>&1 | tee virt-customize.log
    注記

    rt.sh スクリプトの出力に「grubby fatal error: unable to find a suitable template」という行が表示されても、このエラーは無視してかまいません。

  9. 前のステップで作成された virt-customize.log ファイルを調べ、rt.sh スクリプトによりパッケージが正しくインストールされたことを確認します。

    (undercloud) [stack@undercloud-0 ~]$ cat virt-customize.log | grep Verifying
    
      Verifying  : kernel-3.10.0-957.el7.x86_64                                 1/1
      Verifying  : 10:qemu-kvm-tools-rhev-2.12.0-18.el7_6.1.x86_64              1/8
      Verifying  : tuned-profiles-realtime-2.10.0-6.el7_6.3.noarch              2/8
      Verifying  : linux-firmware-20180911-69.git85c5d90.el7.noarch             3/8
      Verifying  : tuned-profiles-nfv-host-2.10.0-6.el7_6.3.noarch              4/8
      Verifying  : kernel-rt-kvm-3.10.0-957.10.1.rt56.921.el7.x86_64            5/8
      Verifying  : tuna-0.13-6.el7.noarch                                       6/8
      Verifying  : kernel-rt-3.10.0-957.10.1.rt56.921.el7.x86_64                7/8
      Verifying  : rt-setup-2.0-6.el7.x86_64                                    8/8
  10. SELinux の再ラベル付けをします。

    (undercloud) [stack@undercloud-0 ~]$ virt-customize -a overcloud-realtime-compute.qcow2 --selinux-relabel
  11. vmlinuz および initrd を抽出します。

    (undercloud) [stack@undercloud-0 ~]$ mkdir image
    (undercloud) [stack@undercloud-0 ~]$ guestmount -a overcloud-realtime-compute.qcow2 -i --ro image
    (undercloud) [stack@undercloud-0 ~]$ cp image/boot/vmlinuz-3.10.0-862.rt56.804.el7.x86_64 ./overcloud-realtime-compute.vmlinuz
    (undercloud) [stack@undercloud-0 ~]$ cp image/boot/initramfs-3.10.0-862.rt56.804.el7.x86_64.img ./overcloud-realtime-compute.initrd
    (undercloud) [stack@undercloud-0 ~]$ guestunmount image
    注記

    vmlinuz および initramfs のファイル名に含まれるソフトウェアバージョンは、カーネルバージョンによって異なります。

  12. イメージをアップロードします。

    (undercloud) [stack@undercloud-0 ~]$ openstack overcloud image upload --update-existing --os-image-name overcloud-realtime-compute.qcow2

これで、選択したコンピュートノード上の ComputeOvsDpdkRT コンポーザブルロールで使用することのできる real-time イメージの準備ができました。

RT-KVM コンピュートノード上での BIOS 設定の変更

RT-KVM コンピュートノードのレイテンシーを低減するには、コンピュートノードの BIOS 設定で、以下のパラメーターのオプションをすべて無効にします。

  • 電源管理
  • ハイパースレッディング
  • CPU のスリープ状態
  • 論理プロセッサー

これらの設定に関する説明と、無効化の影響については、『Red Hat Enterprise Linux for Real Time チューニングガイド』の「BIOS パラメーターの設定」を参照してください。BIOS 設定の変更方法に関する詳しい情報は、ハードウェアの製造会社のドキュメントを参照してください。