Menu Close

3.2.2. OVN と OVS-DPDK の組み合わせが SR-IOV と共存する構成のデプロイ

注記

この RHOSP NFV OVN の構成は、RHOSP 16.1.4 では一般提供として利用することができます。

DPDK および SRIOV 仮想マシンを OVN と同じノードにデプロイします。

手順

  1. ComputeOvsDpdkSriov ロールを作成します。

    openstack overcloud roles generate -o roles_data.yaml Controller ComputeOvsDpdkSriov
  2. OS::TripleO::Services::OVNMetadataAgent を Controller ロールに追加します。
  3. resource_registry パラメーターを使用して、OVS-DPDK 用のカスタムリソースを追加します。

    resource_registry:
        # Specify the relative/absolute path to the config files you want to use for override the default.
        OS::TripleO::ComputeOvsDpdkSriov::Net::SoftwareConfig:
          nic-configs/computeovsdpdksriov.yaml
        OS::TripleO::Controller::Net::SoftwareConfig:
          nic-configs/controller.yaml
  4. parameter_defaults セクションで、トンネル種別パラメーターの値を編集して geneve に設定します。

    NeutronTunnelTypes: 'geneve'
    NeutronNetworkType: ['geneve', 'vlan']
  5. オプション: 集中ルーティングモデルを使用する場合は、分散仮想ルーター (DVR) を無効にします。

    NeutronEnableDVR: false
  6. parameters_defaults セクションで、ブリッジマッピングを設定します。

     # The OVS logical-to-physical bridge mappings to use.
      NeutronBridgeMappings: "datacentre:br-ex,data1:br-link0,data2:br-link1"
  7. computeovsdpdksriov.yaml ファイルでネットワークインターフェースを設定します。

      - type: ovs_user_bridge
        name: br-link0
        use_dhcp: false
        ovs_extra:
         - str_replace:
           template: set port br-link0 tag=_VLAN_TAG_
           params:
            _VLAN_TAG_:
             get_param: TenantNetworkVlanID
        addresses:
         - ip_netmask:
           get_param: TenantIpSubnet
        members:
        - type: ovs_dpdk_port
          name: br-link0-dpdk-port0
          rx_queue: 1
          members:
          - type: interface
            name: eno3
      - type: sriov_pf
        name: eno4
        use_dhcp: false
        numvfs: 5
        defroute: false
        nm_controlled: true
        hotplug: true
        promisc: false
  8. デプロイメントスクリプトに以下の yaml ファイルを追加します。

    • neutron-ovn-dpdk.yaml
    • neutron-ovn-sriov.yaml
注記

Open Virtual Networking (OVN) は、Red Hat OpenStack Platform 16.1 におけるデフォルトのネットワークメカニズムドライバーです。分散仮想ルーター (DVR) で OVN を使用する場合には、openstack overcloud deploy コマンドに environments/services/neutron-ovn-dvr-ha.yaml ファイルを追加する必要があります。DVR なしで OVN を使用する場合は、openstack overcloud deploy コマンドに environments/services/neutron-ovn-ha.yaml ファイルを追加して、NeutronEnableDVR パラメーターを false に設定する必要があります。SR-IOV で OVN を使用するには、openstack overcloud deploy コマンドに OVN 環境ファイルの最後の値として environments/services/neutron-ovn-sriov.yaml ファイルを追加する必要があります。詳しくは、「DVR を使用する ML2/OVN のデプロイ」を参照してください。