3.3. AMQ Interconnect を使用したデータの収集

メトリクスおよびイベントデータ消費のために利用可能な AMQ Interconnect アドレスにサブスクライブするには、クライアント接続用に AMQ Interconnect を公開する環境ファイルを作成し、オーバークラウドをデプロイします。

注記

Service Telemetry Operator は、単一クラウドデプロイメント用の全データ取得およびデータストレージコンポーネントのデプロイメントを単純化します。データストレージドメインを複数のクラウドと共有するには、『 Service Telemetry Framework 1.3の「Configuring multiple clouds 」を参照してください。

警告

Service Telemetry Framework (STF) で使用されるように QDR メッシュモードと QDR エッジモードを切り替えることはできません。さらに、STF のデータ収集を有効にする場合は、QDR メッシュモードを使用することはできません。

手順

  1. Red Hat OpenStack Platform アンダークラウドに stack ユーザーとしてログオンします。
  2. /home/stack ディレクトリーに data-collection.yaml という名前の設定ファイルを作成します。
  3. 外部エンドポイントを有効にするには、MetricsQdrExternalEndpoint: true パラメーターを data-collection.yaml ファイルに追加します。

    parameter_defaults:
        MetricsQdrExternalEndpoint: true
  4. collectd および AMQ Interconnect を有効にするには、以下のファイルを Red Hat OpenStack Platform director デプロイメントに追加します。

    • data-collection.yaml 環境ファイル
    • クライアント側の AMQ Interconnect が外部エンドポイントに接続できるようにする qdr-form-controller-mesh.yaml ファイル

      openstack overcloud deploy <other arguments>
        --templates /usr/share/openstack-tripleo-heat-templates \
        --environment-file <...other-environment-files...> \
        --environment-file /usr/share/openstack-tripleo-heat-templates/environments/metrics/qdr-form-controller-mesh.yaml \
        --environment-file /home/stack/data-collection.yaml
  5. オプション: Ceilometer および collectd イベントを収集するには、overcloud deploy コマンドに ceilometer-write-qdr.yaml および collectd-write-qdr.yaml ファイルを含めます。
  6. オーバークラウドをデプロイします。

関連情報