第2章 監視アーキテクチャー

監視ツールは、クライアントが Red Hat OpenStack Platform オーバークラウドノードにデプロイされる、クライアント/サーバーモデルを使用します。Rsyslog サービスは、クライアント側の集中ロギング (CL) を提供し、有効な collectd-sensubility プラグインは、クライアント側の可用性監視 (AM) を提供します。

2.1. 集中ロギング

Red Hat OpenStack 環境では、一元的な場所に全サービスからログを収集すると、デバッグと管理が容易になります。これらのログは、syslog や audit ログファイルなどのオペレーティングシステム、RabbitMQ や MariaDB などのインフラストラクチャーコンポーネント、Identity や Compute などの OpenStack サービスから収集されます。

集中ロギングのツールチェーンは、以下のコンポーネントで構成されます。

  • ログ収集エージェント (Rsyslog)
  • データストア (Elasticsearch)
  • API/プレゼンテーション層 (Kibana)
注記

Red Hat OpenStack Platform director は、集中ロギング向けのサーバー側のコンポーネントはデプロイしません。Red Hat は、Elasticsearch データベースおよび Kibana を含むサーバー側のコンポーネントはサポートしません。