2.2. 可用性監視

可用性監視により、OpenStack 環境全体にわたる全コンポーネントのハイレベルな機能性を一元的に監視することができます。

可用性監視のツールチェーンは、複数のコンポーネントで構成されます。

  • 監視エージェント (有効な collectd-sensubility プラグイン)
  • 監視リレー/プロキシー (RabbitMQ)
  • 監視コントローラー/サーバー (Sensu サーバー)
  • API/プレゼンテーション層 (Uchiwa)
注記

Red Hat OpenStack Platform director は、サーバー側の可用性監視のコンポーネントはデプロイしません。Red Hat では、Uchiwa、Sensu Server、Sensu API plus、RabbitMQ、監視ノードで実行する Redis インスタンスなどのサーバー側のコンポーネントはサポートしていません。

以下の図は、可用性監視のコンポーネントとそれらの対話を示しています。

注記

青で示した項目は Red Hat のサポート対象コンポーネントです。

図2.1 ハイレベルでの可用性監視のアーキテクチャー

ハイレベルでの可用性監視のアーキテクチャー

図2.2 Red Hat OpenStack Platform の単一ノードデプロイメント

Red Hat OpenStack Platform の単一ノードデプロイメント

図2.3 Red Hat OpenStack Platform の HA デプロイメント

Red Hat OpenStack Platform の高可用性デプロイメント