3.2. オーバークラウドイメージの更新

現在のオーバークラウドイメージを新しいバージョンに置き換える必要があります。新しいイメージにより、director は最新バージョンの OpenStack Platform ソフトウェアを使用してノードのイントロスペクションとプロビジョニングを行うことができるようになります。

前提条件

  • アンダークラウドが最新バージョンに更新されていること

手順

  1. stackrc ファイルを取得します。

    $ source ~/stackrc
  2. stack ユーザーの images ディレクトリー (/home/stack/images) から既存のイメージを削除します。

    $ rm -rf ~/images/*
  3. アーカイブを展開します。

    $ cd ~/images
    $ for i in /usr/share/rhosp-director-images/overcloud-full-latest-16.1.tar /usr/share/rhosp-director-images/ironic-python-agent-latest-16.1.tar; do tar -xvf $i; done
    $ cd ~
  4. director に最新のイメージをインポートします。

    $ openstack overcloud image upload --update-existing --image-path /home/stack/images/
  5. ノードが新しいイメージを使用するように設定します。

    $ openstack overcloud node configure $(openstack baremetal node list -c UUID -f value)
  6. 新規イメージが存在することを確認します。

    $ openstack image list
    $ ls -l /var/lib/ironic/httpboot
重要

オーバークラウドノードをデプロイする際には、オーバークラウドイメージのバージョンが、その heat テンプレートバージョンに対応していることを確認してください。たとえば、OpenStack Platform 16.1 の heat テンプレートには、OpenStack Platform 16.1 のイメージのみを使用してください。

重要

新しい overcloud-full イメージは、古い overcloud-full イメージを置き換えます。古いイメージに変更を加えた場合、特に今後新規ノードをデプロイする場合には、新しいイメージで変更を繰り返す必要があります。