2.6. SSL/TLS 設定の更新

resource_registry から NodeTLSData リソースを削除して、SSL/TLS 設定を更新します。

手順

  1. アンダークラウドに stack ユーザーとしてログインします。
  2. stackrc ファイルを取得します。

    $ source ~/stackrc
  3. カスタムのオーバークラウド SSL/TLS パブリックエンドポイントファイルを編集します。このファイルは、通常 ~/templates/enable-tls.yaml という名前です。
  4. 'resource_registry から NodeTLSData リソースを削除します。

    resource_registry:
      OS::TripleO::NodeTLSData: /usr/share/openstack-tripleo-heat-templates/puppet/extraconfig/tls/tls-cert-inject.yaml
      …​

    オーバークラウドデプロイメントは、HAProxy の新しいサービスを使用して SSL/TLS が有効かどうかを判断します。

    注記

    enable-tls.yaml ファイルの resource_registry セクションにある唯一のリソースである場合は、resource_registry セクションをすべて削除します。

  5. SSL/TLS パブリックエンドポイントファイルを保存します。