2.5. コンテナーイメージ準備ファイルの更新

コンテナー準備ファイルは、ContainerImagePrepare パラメーターが含まれるファイルです。このファイルを使用して、アンダークラウドおよびオーバークラウドのコンテナーイメージを取得する際のルールを定義します。環境を更新する前に、ファイルを確認して正しいイメージバージョンを取得するようにしてください。

手順

  1. コンテナー準備ファイルを編集します。通常、このファイルのデフォルト名は containers-prepare-parameter.yaml です。
  2. それぞれのルールセットについて、tag パラメーターが 16.1 に設定されていることを確認します。

    parameter_defaults:
      ContainerImagePrepare:
      - push_destination: true
        set:
          …​
          tag: '16.1'
        tag_from_label: '{version}-{release}'
注記

更新に特定のタグ (16.116.1.2 等) を使用しない場合は、tag キーと値のペアを削除し、tag_from_label のみを指定します。これにより、更新プロセスの一部として使用するタグの値を決定する際に、インストールされた Red Hat OpenStack Platform バージョンが使用されます。

  1. このファイルを保存します。